接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「店」と「あなた」のファン創り

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

三味一体でファン作り(診断リスト)-サンプル 

お薦め度【★★★★★

三味一体もてなし

◇あなたのファンを創る 

お客様や大切な方々を相手にする芸能界、スポーツ界をはじめ、飲食業界、
様々な接客・接遇業界において大切なのは、それぞれのファン作りです。
どの業種でも大切なお客様との間には、期待を裏切らない信頼の絆がなくてはなりません。
その絆が出来てこそ、ファンを作れるのです。
そこで、お客様との絆創り、ファン作りのために「三味一体」をもう一度見直して見ましょう。
三味一体は、人の味・料理の味・店の味の三つ味を一つにして、思いやりと感謝の心を持ち、
まごころを込めて、お見え頂いた有難いお客様を「おもてなし」することを意味します。
また、三味一体は、それぞれがおもてなしの三要素の「心・技・体」と互いにリンクし合います。


1.人の味(心の味)-抜粋

【味のある接客・接遇、スタッフから感じる人間味、スタッフの個性・特長、感動・余韻の味わい】

キーワードは、此処でしか味わえない気遣いと感謝の伝達、期待以上のおもてなし

 あなた独自のお迎えや挨拶が出来ますか?
 あなたは、お客様のその日の状態をいち早く察知して接客応対に生かしていますか?
 あなたは、どんな親しいお客様でも、けじめを弁えて接していますか?

 一度でもお見えになったお客様のことや、その時の状況を覚えていますか?
 あなたの名前を覚えて頂けるような接客応対を心がけていますか?
 あなたの接客応対の態度は、お店の品格にマッチしていますか?
 お客様の小さな仕草から、色々なことを読み取ったり、言動に移したりしていますか?

 お客様とした小さなお約束も守っていますか?
 あなたは自分の些細な仕草でも、その場に合わせて美しくしていますか?
 あなたはその場の空気が読めますか?
 お客様との温度差に記を配っていますか?

 あなたにしか出来ないサービスや接客がありますか?
 あなたは職場の皆に支えられている意識を持って、接客応対していますか?
 お客様のいつも召上るお飲物や料理の好みを知っていますか?
 あなたは、「技」とも言えるおもてなしのマナーを備えていますか?
 あなたは、今の力で精一杯仕事に打込んでいますか?

 あなたのファンだと思われるお客様がいますか?
 あなたはお客様に見返りを求めていると受け止められる会話をしていませんか?
 お客様との絆があると思いますか?
 あなたはお客様から信頼されていると思いますか?
 あなたは、今日の自分自身を指差し、振返っていますか?
・・・・・・・・・など。
=お客様への思い遣り、さり気ない気遣い・心遣い、立場転換意識、感謝の伝達、
   安心感の提供、誠実さ、丁寧さ、奉仕の心など


=気配り、心配り、心を伝える接客マナー修得、豊富な話題と知識、C.S.の提供など

=清潔感、目配り、手配り、身配り、表現伝達の動作、この店だけの持つスタッフの個性と心など

この記事は、一般飲食業、始めクラブなどの水商売、他の接客・接遇業にも当て嵌まる内容です。


◇料理のファンを創る

2.料理の味(飲食物の味)-抜粋
・・・・・この内容は≪調理人の心得≫としてもお使い頂けます。

 独創性・個性(オリジナリティ)がありますか?
 料理・・飲物デザートの味の追及をしていますか?
 料理の量は適切ですか?
 料理は適切な温度で提供されていますか?

 調理技術の向上に努めていますか?
 料理に季節感はありますか?
 生ものの鮮度に気をつけていますか?
 生産地の確認をしていますか?
 各種材料類の安心感と信頼性に留意していますか?

 調理環境の衛生・清潔感に心がけていますか?
 お客様の嗜好との相性にあった飲食物の提供をしていますか?
 見た目(盛付け・組合わせ)に配慮していますか?
 注文を受けてからの提供時間、タイミングなど適切な時間管理をしていますか?
 トレンドや内容に合わせて感性豊かな器の選択に心掛けていますか?

 お客様の満足感をお客様目線で見ていますか?
 会席など目的別献立は適切ですか?
 提供時の演出を考慮した飲食物作りをしていますか?
 飲食物の差別化(日常・他店)を図っていますか?
 市場や仕入れ先、生産地などに出向くなどして情報収集や研究開発をしていますか?

 飲食物の価値観を高めるための努力をしていますか?
 お箸・道具類などその他の付加価値要素にも配慮蒸していますか?
 視覚販促物(お品書き・各種限定メニューなど)をお客様目線で作成してありますか?
 接客スタッフとの連携は適切ですか?
 料理説明の為に情報提供をしていますか?

 料理と飲物・デザートとの相性を考えていますか?
 飲食物の余韻作りに心掛けていますか?
 飲物・デザートの個性化、オリジナリティを図っていますか?
 飲物・デザートの種類は店のテーマやコンセプトに一致していますか?
 飲物・デザート提供時の状態及び温度管理は適切ですか?

 デザートに季節感を考慮していますか?
 下かって来た飲食物の確認をしていますか?
 調理人として顧客の状況、状態を把握するための行動をしていますか?
 調理人として、直にお客様の声を聞いていますか?
 現況の把握、今後に生かすために、飲食物のABC分析をしていますか?

 材料の無駄やロスの無いように心掛けていますか?
 常に原価を意識したバランスのよいメニュー作りをしていますか?
 日々、飲食物全体について振返ることを行っていますか?
 計画性のある商品構成をしていますか?
 飲食物の売上げ分析、出数管理を常に行っていますか?

 明確な目標を立てて、現在の進捗管理をしていますか?
 調理スタッフ同士の融和を図っていますか?
 様々な問題解決は速やかに行っていますか?
 明確なビジョンを持って仕事に取組んでいますか?
・・・・・・・・・など。
⇒調理人の心の表現と伝達、お客様への心遣い(季節感・目的・時間)、安全性、etc.

⇒調理技術、素材選択、季節感の表現力、技の追及、こだわり。オリジナリティ etc.

⇒T・P・Oに合わせた器や盛付、美観、季節感 食器のセンス  etc.


下の続きを読むに「お店のファンを創る」があります。

    ブログパーツ
    ◇お店のファンを創る

    3.個性的な店の味(雰囲気)-抜粋

     お店のコンセプトがスタッフに明確にされ、全員が意識した言動をしていますか?
     ターゲットとなるお客様の客層、客質は明確にされていますか?
     一目瞭然に何のお店なのか判る表示がありますか?
     キャッチコピーにお店の心が表れていますか?
     ひと目見て「入りたいなぁ」「入ってみたいなぁ」という気持ちにさせるファサードですか?

     初めてのお客様でも、安心して入店出来るような外観(ファサード)ですか?
     外観(ファサード)に清潔感がありますか?
     お客様の目線で店舗見るなどし、入店し易さに工夫をしていますか?
     目立つ工夫をしていますか?(隠れ家的な目立たない工夫をしていますか?)
     お店にどのようなメニューがあるのか、プライスゾーンと共に表示してありますか?

     出入り口は、天候や季節に合わせた対処をしていますか?
     一見のお客様でも虜にしてしまうお店の魅力(特長)がありますか? (or魅力作りに心掛けていますか?)
     お店全体でお客様をお迎え、お見送りする仕組みやシステムがありますか?
     お店としてお客様が普段味わえない(非日常)仕組みがありますか?
     喫煙されない方への分煙は適切になされていますか?

     お客様の人数や目的に合わせた誘導が出来る仕組みがありますか?
     お客様に様々な角度から、お店としての信頼の源とも言える、満足感、安心感を
      与えられるような仕組みがありますか?
     お品書き・各種限定メニューなどにお店の心や調理人の心を反映させていますか?
     店舗装飾やメニューに季節感がありますか?
     お客様に、新鮮味を味わって頂けるような仕組みや定期的なメニュー改定をしていますか?

     お客様と店との「信頼の絆」創りに心掛けていますか?
     お客様に、お店としての売り(特長)を伝えていますか?
     催事のお知らせ、告知はすぐ目に止まる処にあり、分かり易いですか?
     あらゆる媒体を活用し、様々な情報の発信、収集をしていますか?
     グルナビ、QRコード表示などI.T.やモバイルに関した情報量は充分ですか?

     お客様に対し、お得感を与えられるポイントカードや各種の印刷物がありますか?
     お店としてお客様台帳がありますか?(日々、更新をしていますか)
     お店全体に活気がありますか?
     お店として、どのお客様にも平等にサービスがなされていますか?
     店全体から感じる人的雰囲気作りを心掛けていますか?

     お店全体としての接客スタイルにオリジナリティや個性がありますか?
     リピーターに対する仕組みやシステムはありますか?
     御来店頂いたお客様に対してのフォロー(手紙、ダイレクトメール、ご案内など)の仕組み はありますか?
     アンケートや直にお客様の声を聞く仕組みはありますか?
     お客様から信頼されるチームワークがありますか?

     お店として、感動や余韻を求めない仕組みがありますか?
    お店として非対面時(問合わせメール・電話応対・文書)の各種マニュアルがありますか?
     お店として、不行届きや不手際があった際の対処法などが確立されていますか?
     苦情やクレームに対する対応、対処法は確立されていますか?
     店舗の新旧に関らず、クリンリネス(研き込まれた美しさ)が徹底されていますか?

     見えない所にも清掃が徹底されていますか?
     お店の中は整然とされ、適切な美化がされていますか?
     災害時の誘導や対処法は徹底されていますか?
     お客様をリピーターにするためのミーティングを行っていますか?
     スタッフ全員がフォア・ザ・チーム(一人は皆の為に、皆は一人の為に)を意識した言動が
     出来るように、常日頃訓練やミーティングをしていますか?

     役割分担、責任の所在は明確ですか?
     報告、連絡の徹底がなされる仕組みはありますか?
     機器の故障や機能低下に対する対応・対処法は確立されていますか?
     朝礼、終礼は的確に行われ、伝達事項は徹底されていますか?
    ・・・・・・・・・など。
    ⇒お迎え準備(盛り塩・水打ち・天候対応)の徹底、清潔感、お薦めメニュー、朝終礼 etc.

    ⇒5Sの徹底、季節感の表現、催事、案内告知のアピール度、各種演出 etc.

    ⇒独創的な店造り、適正な居住性、時節の音響、催事(イベント)の実施、感謝祭 etc.

    上記した「三味一体」のおもてなしは、ファン作りには勿論のこと、感銘と余韻の「礎」です。
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3038-7dba64e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック