#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 社会人基礎人的スキル-E.Q

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心の知能指数E.Q (Émotional Quotient)?

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

心の知能指数5

知能指数(I.Q)については世の中に浸透しているようですが、
E.Q. (emotional quotient)に関しては、一般的に余り知られていないようです。
E.Q.に含まれる項目は、実社会の生活に役立つことが多くあります。
それは、社会人として必要とされる様々なことを紐解く言葉ではないかと考えます。

一方、現在の少子高齢化社会、核化社会、格差社会に大切な人としての心
身に着けるためにも無くてはならない要素が多く含まれているとも思います。

以下、私見を含めてE.Q.はどんな意味があり、
どのような項目があるのか、紐解いてみようと思います。

E.Q.は自らの感情や理性を把握し自制する能力、
自分自身の心(気持ち)を他人の心(気持ち)に立場を転換し理解する能力を
表す心の能力指標であるのではないかと解します。

では、具体的にどんなこと意味する言葉なのでしょうか?
以下項目を理解するためのサンプルとして記してみました。


測定項目(抜粋) -サンプル

1. 物事は優先順位をつけてテキパキと片づける。
2. 自分の感情が判らなくなる時がある。
3. 何事はメリハリをつけ、やる時は確りやれている。
4. 失敗しても、いい経験をしたと直ぐに立ち直ることが出来る。
5. 日課は一旦決めたら最後までやり通すことにしている。
6. 失敗しても表情に出さず平静を保てる。
7. 困っている人を見ると、助けたくなる。

8. 映画やドラマの登場人物の気持ちが良くわかる。
9. 年齢や地位に固執せず年下の人とも対等に付き合える。
10. 人から相談を持ちかけられることが多い。
11. 常に自分にできることは何か?を気にかけている。
12. いつでも相手の話を聴く側にまわることが出来る。
13. 情けや義理のお付き合いでも、道の外れたことは他人の言いなりにならない。
14. 努力は必ず報われるとの信念を備えている。

15. 自分の長所も短所もかなり把握している。
16. 感情的にならないよう,常に心がけている。
17. ボランティア活動には,積極的に参加する。
18. 周りの人から感情的な影響を受け易い。
19. 誰とでも平等に付き合える。
20. 自分の専門分野の勉強に心から打ち込んでいる。
21. 相手の嫌がることは口に出さない。

22. ここぞという時には、きちんと信念のある発言する。
23. 周りの雰囲気を和やかに出来る。
24. 何事も相手の立場に立って考えるようにしている。
25. 自分の発した言葉の重さを自覚している。
26. 誰にでも、喜んで積極的に手を貸してあげられる。
27. グループ研究などのまとめ役を任されることが多い。
28. 感謝の表現の活動は進んでしている。

29. 行き詰まった時など、先ず何をすべきかを考えることができる。
30. 喩えどんな状況下でも、相手を傷付けることはしない。
31. 何でもやっているうちに先が見えてくると捉えられる。
32. 討論での自分への反対意見にも耳を傾けられる。
33. 皆の為なら嫌なことでもやれる。
34. 目標には最後まで食い下がっていける。
35. 受けた恩は決して忘れない。
・・・など。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3073-a6bd06b2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック