#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 社会人基礎人的スキル【心の基礎体力】

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心の基礎体力】の自覚
        (Physical fitness&heart)


お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

心の基礎体力2

心の基礎体力】がある人

心の基礎体力」とは、人としての心の器を形成する源(元点・原点)とも言える知情意です。
私見ですが、心の基礎体力とは予期せぬ何かが起きた時に、平然と人(相手)や物事に立ち向かえ、
対応・対処の出来る心(意識・気持ち)と能力のバロメーターを指すと考えます。

心の基礎体力」のある人とは

「他者を大切にし、思い遣れる優しさ≒利他心の保有」

「どんなことにも挫けず、果敢に挑戦し続けるチャレンジ心」

「自己犠牲心≒奉仕の心とその何気ない発信や目立たない活動」

「自らの能力を自覚し、足りないことは補える」

「ポジティブ≒前向きな意識の保有」、

「人として社会人としての強い責任感の保有≒役割の自覚と認識」

「他者に安心感(安全を提供出来る」

「人の痛みを自分自身に置き換えて思考出来る」

「何人、何事にも立場転換意識を以って当たれ行動出来る」

「人としての義務感≒責任感」

「揺るぎない自信と信念を持ち、それを貫ける」

「自らの可能性を信じ、謙虚に人の意見や思いを受け入れられる」

「謙虚さ、ひた向きさ」

「礼節と義を備え持つ」

「誠実さ≒真心」

「自らの力を正しく理解認識する」

「自らの心と言動を、振返り指させる力を備えている」

「自分自身の感情や煩悩を制御、統制する(自己統制力) 力を備えている」

「自制心を持つ≒モラルの高さ」

「平常心≒平静心・冷静沈着さの保有」

「感謝の心とその表現力≒有難い気持ちを持てる」

「寛容さ・寛大さ≒忍耐力・許容範囲を弁えている」

「自らの心を動機付け出来る」

「やる気≒頑張れる」

「行動力≒実践力がある」

「判断・決断力がある」・・・など。

このような自らの心身を動かす力を発揮出来る人、即ち「心の基礎体力」のある人だと思います。
突然の出来事や災難・苦難を冷静に落ち着いて受け止め、次の行動に移せる人がいます。
このような人に出会うと「心の基礎体力」を備え持った人だと思います。

このスキルがどんなことかを前以て学び知っておくだけでも社会で生き抜く力として役立ち、
人として心豊かで、幸福な社会生活を送るためにも役立ちます。

これを知り身に着けるためには、実社会に出る前の知識として学び知って置くか、
また、社会に出てからは知識として学びつつ自分自身の生活の中で体験と照らし合わせながら
日々修得することが出来ます。

この「心の基礎体力」を知るためには、
人としての心の思い遣り、誠実・謙虚、立場転換、感謝、奉仕礼節などが
具体的にどんなことを言うのか、どんな活動なのかを学び知ることから始めます。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3074-4ad14227
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック