接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人的付加価値で売上UP-4. 認める

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「対人ファースト」相手を認める活動

「自分のためより、誰かのために」


お薦め度【★★★★】全業種、業態用

マズロー欲求5段階説緑11

人と人の触れ合いや接客・おもてなしに欠かせないのは「承認欲求」を満たし、
安心感を芽生えさせる、「認める」ことを伝える態度・言葉です。
その活動は、何らかの形で戴いた御縁を育み己の心を豊かにしてくれます。
サービス業では、顧客確保やリピーター作りに欠かせません。

この「認める」(≒見留る)活動と「承認欲求」については、
今迄このブログ内で記事として記してきましたので以下を御覧下さい。
この認める活動で、大切なのは相手へこちらのした言行や態度を顧み、

以下の例ように、自分自身の心に問い掛けをすることです。
もし、伝わってなかったら素直に認め、受け入れることです。
具体例として「挨拶」「返事」「連絡」「感謝」「姿勢」といった事に表れ易いのです。
認める活動が相手に伝わっているか?
・その場しのぎの形ばかりになっていないか?
・果して自らの心を偽っていないか?

この簡単で当たり前な個の「認める」(承認欲求を満たす活動)は、お店と人の成長のです。

マズロー五段階欲求図17-1

◎以下記載記事-抜粋
※以下、夫々の記事とリンクしていますのでクリックし御覧下さい。

・【承認欲求を満たす】認める活動

・「認め、認め合う」心と行動

・「認める心」の活動

・心の原点「認める」

・心の礎「認め、認められる」

・認める心のエンジン

・認める心


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3080-e6c70712
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック