#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人的付加価値で売上UP-10. 当たり前

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「当たり前」のレベルアップ

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

当たり前2017202

お客様と店舗・自社の「当たり前」を見直す為に、
お客様と店舗・自社の「当たり前」の応対と商品をお客様ファーストになっているか?
を見直す為に、先ず現在の自店・自社としての「当たり前」の基準の取組み意識と
実際現場の活動を観察し知ることからスタートしなければなりません。

その為に、店舗(会社)と一人ひとりの「当たり前の基準」のレベルアップ、
意識改革こそ、今直ぐに行うべきことだと全員が自覚し、認識を促すことです。
そして、自店(自社)の全ての「当たり前」の内容を見直し、レベルアップを図りましょう。
手間がかかる、面倒くさい、忙しい、時間が無いから出来ないなど
と尻込みしていては「当たり前」の見直しは決して出来ません。

先ず、自店舗(自社)と一人ひとりの意識改革から着手し、
全員で「新たな当たり前の基準」とその活動内容を構築し、
直ぐ誰にでも出来ることから優先順位を付け、実施することです。
著名な「餃子の王将」も【当り前の見直し】から再建し、現在の繁栄を得ました。

当たり前の意識改革と活動の【キーワード】は、
「おもてなし」「思いやり」「常識」「独創性」「感謝」です。


以下は【当り前の見直し】に使うアンケート&チェックシートのサンプルです。

☑自店の当たり前-チェックシート(サンプル)
※このシートは全員へのモニタリング、アンケート、レポートの項目としても使えます。

C-1.外観⇒(店舗・広告・アピール度)
C-2.内部環境⇒(居住性・居心地)
C-3.清潔さ・清潔感⇒(人・店・会社・職場)
C-4.身嗜み⇒(心と身体)

C-5.姿勢・態度⇒(取組み姿勢、意欲)
C-6.動作(仕草)・行動の適切さ
C-7.言葉⇒(挨拶・接客・接遇用)
C-8.口調⇒(話し方・心の伝達)

C-9.目と顔の表情
C-10.観察⇒(目配り・気配り・心配りなど)
C-11.お迎え、案内、誘導の仕草と言葉
C-12.お見送り⇒(実施度・言葉・態度・方法・意識の有無)

C-13.店舗(会社)内応対⇒(基準の有無、マニュアルの有無)
C-14.商品=「モノ」⇒(飲食物・器・陳列・季節感・独自性・目的別)
C-15.商品=「人」と「技術」⇔水商売・医療介護・エステ・美容・リフレなど
 ⇒(外見容姿・知識&情報・演技演出力・各技能・センス・トレンド・会話力・魅力)
C-16.インフォメーション⇒(メニュー・チラシ・催事案内・告知・ダイレクトメール)

C-17.設備⇒(商品関連・店舗関連・厨房関連・顧客関連・メンテナンス・セキュリティ)
C-18.接客・接遇対処スキルと伝達技術⇒(苦情・クレーム・要望)
C-19.レジ、会計時の応対全般
C-20.電話応対の応対全般

C-21.独自のマニュアルの有無⇒(真似或る=真似やコピペの写しになっていないか)
C-22.マニュアル依存性⇒(それぞれの個性を生かす)
C-23.ブランドとしての店舗と人の魅力
C-24.催事や季節感の演出

C-25.店舗(会社)全体としての魅力と個性
C-26.個性の有無(独創性・オリジナル)
C-27.個々人の特質(感性)を活かす言行
C-28.チームワーク(サポート意識)

以上の項目を、お客様やビジターの目線と幹部以下全スタッフ個々の目線で「当たり前」を見直し、
気付いたことをまとめ、6W3Hでタイムスケジュールを作り実施する。

□お客様ファーストアンケート(サンプル)

Q-1.接客(接遇)の仕事は好きですか?
Q-2.接客(接遇)の仕事をしている理由は何ですか?
Q-3.接客(接遇)の仕事をしている目的は何ですか?
Q-4.接客(接遇)の仕事は自分の日常生活に役立つことは何ですか?

Q-5.接客(接遇)の仕事から得られるものは何ですか?
Q-6.接客(接遇)の仕事から得られたものは何ですか?
Q-7.接客(接遇)の仕事をする上で、自分の課題はありますか?
Q-8.何故課題にしましたか?

Q-9.課題はどのような方法手段で、いつまでに身に着けたいですか?
Q-10.今後、接客(接遇)の仕事を通して何を創造して行きたいですか?
Q-11.接客(接遇)の仕事にマナーは何故必要ですか?
Q-12.接客(接遇)マナーとは具体的にどんなことを言いますか?

Q-13.自分に足りないと思う接客(接遇)マナーは何ですか?
Q-14.そのマナーをどんな方法でいつまでに身に着けたいですか?
Q-15.接客(接遇)マナーを身に着けるために必要な事は何ですか?
Q-16.接客(接遇)マナーは日常生活で自分自身に役立つことは何ですか?

【注】Q-11.12.は予め答えを考えておく必要が有ります。
※一部はセルフマネジメントシートとしてもお使い戴けます。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3088-3a040978
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック