#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 部下と向合う-教育・指導育成

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

個性を生かす!

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

個性生かす

一人ひとり顔に夫々の個性があるように、その人なりの心身の『』が在ります。
そして、夫々の顔が違うように性格も異なります。
キラキラと輝く、魅力溢れる色」は
人を惹きつけて放さない「個性」と「特徴」を持っています。

大切な人を育てる際、入社(店)時に軽く説明し、
マニュアルを渡っぱなしで自習させたり、
ビデオで教育しても、直に辞めたり、
自発的に仕事に取組まなかったりすることが多々見受けられます。

大切なのは、何らかのご縁でお店(会社)の仲間になったのですから
個々の性格や資質・感性に合った指導、教育することです。

ここでは、育成対象者の主な個性・性格の代表的な事例を挙げてみました。
各々に合わせた、教育指導の最初のアプローチの内容と項目と対処法を記しました。


★個々人の個性に合わせた育成&指導

※以下指導方法の一例です。
全員に共通することはどんな小さなことでも、個人の良い処を見つけ認めることです。
大切なのは、少しでもできたら先ず認め、本人に気付かせる。
気付いたら、必ずそれを認める、ことの繰返しを根気よくすることです。


声が小さい☞気付かせる
・ 携帯などの録音機能を使って自分の声を実際に聞かせてみる
・ 話を聞く側の気持ちを理解させる
・ 腹式発声を教える⇒横になって歌を歌う(カラオケで)
         ⇒自分の声を録音して聞かせて気付かせる
・伝達することの必要性と大切さを教え気付かせる

話すことが苦手≒上がり性☞小さな触合いの実践から身に着ける
・先ず、日々の仲間へのひと言の挨拶を相手へアイコンタクトと共に出来るようにする
・お客様と直に接客させないで、影のサポート業務から教え触合いに馴染ませる

内向的で生真面目☞お客様・仲間から人との触合いで得られる楽しさ感動を教える
・ 多くを教えないで一つひとつ確りと教え、必ず認めている言葉や態度を見せる
・ 積極的に接客出来るよう、自発的にしたどんな小さな事でも認め、褒めること

お喋り☞お客様との会話で大切な言葉遣いから教える
・ 公私の区別の大切さとけじめを教える
・ 言行一致させるよう導く

自己中心☞立場転換の大切さを気付かせる
・ 目線を相手の立場に置き換える癖をつけさせる
・ ことある毎に、相手の立場で事例を本人ならどう思うかを聞くようにして自覚を促す

笑顔が苦手☞笑顔の作り方・役目効果・ミラーニングによる自己習得法の解説
・ 無理の無い柔和な表情から身に付けさせる
・ 心から笑顔の大切さを相手の立場に立つように説明し、気付かせるように指導する
・ ポジティブな意識の持ち方、その意識が表情と笑顔に欠かせないことを指導する。

姿勢が悪い☞ビデオや携帯やスマホのカメラ・動画を活用し本人に気付かせる       
・姿勢を正しくすることの外面的な様々なメリットを理解させる
・美しい姿勢から生まれる内面的な効果を説明し、気付かせる

・・・・・など。

自己診断、日々の訓練、ロールプレイ、自店や他店のモニタリング等の方法で気付かせること。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3094-c29ea876
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック