#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 感謝の表現と伝達

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

感謝は「自他の心」を育てる

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

感謝「義」と「礼」を以って。

感謝の言葉「ありがとう」が、いろんな所で多く聞かれる季節です。

感謝の言葉の語彙を認識し、あなたの感謝の心を確り伝えましょう!


まことの心は、本当のこと。嘘・偽りのないこと。誠実で偽りのない心。
素直で真面目な心真情・真実性。
直き心は、「徳」と「聴」の文字の心を表します。

口先だけで
「感謝しています。」、
「ありがとうございます。」
「お陰さまです。」
「とても嬉しい。」などと言っていても、
実際の行動は、其の場凌ぎの言葉として使う、
連絡しても返事がない(mailでK.Sする)、
自分の発した言葉に責任を持たない、
自分の意思を曖昧にする、
苦言を批判と取り違える、
保身を優先する言動、
約束は相手を選ぶ、など
と言ったことを自分の感情や事情を優先し、
疎かにする人が多くなっているように感じます。

「有難い」即ち「有ることが難しい」という原義を持つ感謝の表現伝達は、
言葉で「有難い」「ありがとう」「お陰様で」と言葉で言う以外に、
利己的な感情をコントロールし、感謝の心を物や形、態度で表すこともとても大事です。

その一つは、「義」と「礼」を、心身を以って態度や活動で伝えることです。
その具体的なことは、報徳・信認認証・答える(応える)・返事する・恩に感じる(報恩)・
連絡・報告・素直・さり気ない心遣い(気配り・気遣い・心配り)・お世話・思いやり・
誠実さ・優しさ・受容などと言った心身の活動に表すことです。
この様々な活動に欠かせないのが以下のことです。

道理=物事のそうあるべき道筋

筋道=物事がそうなっているわけ。事の条理。道理。物事を行うときの正しい順序。

道=人間として踏み行うべき道筋。

理=物事の筋道。条理。道理。わけ。理由


筋=自らが正しいと信じる人間の精神の指標を指す。その人の判断基準。
中でも「筋を通す」ということは、誰からも受け入れても貰えず孤立しようが
他者からどのように評価・批難されようが自らが正しいと思う、志・信念を一貫して通し抜く事です。

どんなに素晴らしいスキルやテクニックを持っていても、
この心の礎となる道理や筋道と言った「義」と「礼」が、確り身に付いていなくては、
感謝の心は上辺だけしか伝わりません。

突き詰めて言えば、まことの感謝は、相手を「思いやる心」で生かされます。


感謝松下

人は、一つひとつのものごとに対して、一生懸命、一所懸命に取組むことなくしては、
『真の自分の姿、本来の本質』や『自分にピッタリな生き方』など見つけることは出来ません。 
どんなことの中にも楽しみはあるというものです。

大切なことは、どんなこと、どんな瞬間でも、「楽しめる自分になる」ことだと考えます。
「自分にピッタリな、楽しい生き方を探し求める」のではなく、些細なこと、どんなこと、
どんな時にでもいつも「楽しめる自分を創る」ことが、大切なことなのです。

そこで最も重要なことは、例えアルバイトでも「ここで一生懸命やるぞ!」と自覚し、覚悟を決めて、
「自らどんどん楽しむぞ!」と思い、仕事をすれば楽しめるのです。
「所詮アルバイトだから」とか、「楽しくないな~」なんて不平や不満ばかりで、
自ら楽しむことを心掛けない人は、恐らくどこで何をしても「楽しくないな~」とか
「何か楽しい事はないかな~」とか言いながら、自分探しを一生続ける事でしょう。
本当の楽しみを得ることとは、楽しみを探し求めるのではなく『楽しめる自分を創る!』ことなのです。

感謝も同じで、「どんな小さな事にでも感謝出来る自分を創る」と言うのが大切なのです。

中には、「感謝したくなるようなことがないから」とか、
「別に感謝の気持ちがなくても生きていける」と考えている人も、多くいることと考えられます。
でもそのような人は、大変勿体なく、時と人としての関りを無駄にしながら、
生活し、生きている人ではないかと思います。
ある意味で、この感謝出来る自分が、楽しみや喜びや感動など、全ての「源」のように思います。

もしあなたが、感謝の気持ちを確りと持って生きているとすると常に色んなことや人に対して
いつも「ありがたいな~!」と言う気持ちになれることでしょう。
一緒に働く仲間のことが大好きで、いつも感謝する心を保持し、表現伝達していると、
「ありがたいな~!こんな素晴らしい仲間と一緒に仕事ができて!」と思えます。
すると仲間と共に仕事をすることが楽しくなるでしょうし、働く喜びも感じられるでしょう。

もっと単純な例えで言いますと、その日食べたお昼の食事がすごく美味しかったと仮定します。
あなたの心に感謝の気持ちがあったならば、「美味しいな~!」と感じるだけでなく、
「ありがたいな~!こんなに美味しい食事が出来て!」と感じることが出来ます。
するとただ美味しかっただけではない、幸せな気持ちと感動を得ることができると思います。
感謝の気持ちが無いと、楽しみも、喜びも感動も、全て半減してしまうということです。
ですから、何をさておき「感謝できる自分を創ろう!」ということが大切になってきます。

両親に、上司に、部下に、仲間に、お客様に、お取引先様に、友人に携わる全ての人々に、

そして日々の食事や、仕事や、家や、住んでいる街や、水や、緑や、空気や、空や、自分の身体や、
自分自身を含む全てに感謝することが出来ると、きっと楽しみと、喜びと、感動を
心と身体一杯に感じ、幸せに生活し、生きることが出来ます。

このようなことを言っている私も、まだまだ「感謝の心が足りないな!?」と感じ、
日々何事にも「感謝できる自分を創る」ための修行?をしています。

また、「感謝したもの勝ち!」という言葉でも表現出来ます。
この意味は「感謝すればするほど、弱い自分に勝てる」ということです。
勝てると言うよりは、日頃から回りに「感謝すればするほど自分が幸せになれる」と言うことです。

「感謝さえすれば幸せになれるなんて、簡単に行くはずがない」と思われる人もいるでしょう。
そこで何故、感謝すれば幸せになれるか?何故、感謝の気持ちが大切か?を私見ですが説明します。
まず感謝し、その気持ちを表現伝達しすることで得られるポイントの一つが、
伝えた相手の人に喜んでもらえると言うことです。

皆さんも意外と、感謝の気持ちを伝えるという事をしていないのではないでしょうか?
ご両親や家族、大切な人、友達、そして仕事の仲間達に確りと気持ちを伝えていますか?
伝えなくても解ってくれていると思っていませんか?
そのような考えをしていると、勿体ないのです。

感謝の気持ちは伝えることにより、相手が嬉しく思い喜んでくれるのです。
だから心から感謝を伝え、触合う人々を笑顔にし、喜ばせてあげましょう!
そうすると、感謝の気持ちを伝えたあなたもきっと幸せな気分になれます。

感謝は人のためならず」です。即ち、一挙両得なのです!
もう一度、感謝を楽しむことについて、自分と向き合い、自らを指さしてみることをお薦めします。

別の角度から考えると、感謝は対人関係力、共感力、コミュニケーション力とも言えます。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3124-4d708608
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック