FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


「やる気」の喚起-自分

自他の「やる気」を起す

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

出来ることやる気-1

A.自分自身がやる気が出る「7つの方法」

1.目標設定は細かく、コメントやメモを忘れずに

週、半月、一ヶ月、三ヶ月、半年、一年、三年などに別け、期間毎の達成内容・目標、
次への繰越、修正などを加えながら、月、期、半年、年のサイクルで見直すことです。
期毎のコメントや反省点、気付きも一緒にまとめて置くと良いでしょう。
目標は曖昧でなく、大きすぎると達成し難いで小さなステップに分解しましょう。
その際は具体的で測定可能な行動ステップを組みましょう。
目標が達成された時の状態を具体的に予め決めておきましょう。
締め切りは「今、今週、今月、今年やる、いつまでやる」と自分を追い詰めます。
6W3Hで考え、期限をつけることを癖にするとよいでしょう。

2. 定期的に目標を見直す(振り返る時間を持つ)

「なぜ目標が達成されていないか?何が未達要因なのか?」を定期的に見直しましょう。
「その目標は今でも重要か否か?」優先順位が変わったら同時に目標も変えることです。
目標を達成したら、振り返る時間を持ちなぜ達成出来たのかを確認し、
記録しておきましょう。次に役立ちます。

3.目標達成の為に1日最低10分確保

重要なのは毎日の時間の積み重ねです。1日10分間目標達成の時間に当てましょう
その時間内で目標達成について集中して考える事です。

4. 自分の虎の巻を作る

毎日目標を確認しましょう⇒確認を何度も繰り返すことが成功への近道です。
目標は短い文言で表現知るようにしましょう。
目標はそれが達成されたかの様な文で作りましょう。
「○○○○がしたい」ではなく「○○○○が出来た」という感じで。
定期的に復唱するとあなたの考え方の一部になって行きます。

5. 仲間を見つけ、計画を知らせる(有言実行)

目標達成をサポート、アシストしてくれる仲間を見つけよう
サポート、アシストしてくれる人と立つ生還を共有しよう。
一人より二人で行った方が短期間で同様な達成結果を生み出せます。
計画を他の人に伝えれば、自分自身に目標達成の責任を課せられます
他の人は計画の進捗を知りたくなるでしょう

6. 紙に書く(記録する=パソコンなども)

紙に書く事によって達成率が高まります。
紙に書く事で自分の時間とエネルギーを先行投資したことになります、
更に書いたものに線を引いて消して行くことも次のステップに良い事です。

7. 自分に褒美をあげる

自分が目標達成した時、必ず自分に褒美を与えようにします。
達成したことが、小さくてもご褒美を自分に与えることです。

この七つのステップを、まとめてやろうとは考えないで出来ることから順番に行う事です。
その為に必要な事、「考えてばかりいたら日が暮れてしまいます」から実行あるのみです。
あなた自身の「やる気」を喚起することから、先ず初めてみては如何でしょうか。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト



    Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback