接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  『道徳』ってどんなこと?(1)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

道徳を紐解く(1)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

道徳虹1小

文部科学省では、道徳教育を見直し小学校の授業にも取り入れるとのことです。
社会に出たばかりの頃「道徳ってどんなこと」と問われ、答えに困ったことがありました。
今はIТ社会になり、検索すれば直ぐに答えが見つけられるようになりました。
しかし、ネットや辞書検索だけで実社会に生かせる回答は得られないと思います。
ここでは、社会生活で生かされ生きてこられた体験や壮年以降の学びを元に
私見を含め数回に分けて、様々な角度から紐解いてみることにします。

◎道徳の語彙
道徳】・・・出典:デジタル大辞泉より抜粋
〇意味
1.人々が、善悪をわきまえて正しい行為をなすために、
 守り従わねばならない規範の総体。外面的・物理的強制を伴う法律と異なり、
 自発的に正しい行為へと促す内面的原理として働く。
2.老子の学《道と徳》を説くところから。

□【】(出典:wikipedia)
 人や物が通るべきところであり、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、
 道徳的な規範、美や真実の根元などを広く意味する言葉である。
 道家や儒家によって説かれた。

□【】(出典:wikipedia)
 人間の持つ気質や能力に、社会 性や道徳性が発揮されたものである。
 徳は卓越性、有能性で、それを所持する人が そのことによって特記されるものである。
 人間に備わって初めて、徳は善き特質となる。
 (出典2:デジタル大辞泉)
 1 精神の修養によってその身に得たすぐれた品性。人徳。
 2 めぐみ。恩恵。神仏などの加護。
 3 ⇒得 (とく) 
 4 富。財産。
 5 生まれつき備わった能力・性質。天性。

 また別に【】は立派な品性や立派な人格。恵む。有り難く思う。もうけ。と在ります。
 漢和辞典『新字源』に、「徳」は旧字体として<德>、
 異体字(古字)として≪悳≫が載っています。
 「徳」の旧字の「德」の字は、その前身が「彳」と「悳」により形成された「憄」という字とされ、
 「直」と「心」をタテに重ねた「直き心」の「悳」の字を[とく]と読みます。
 「悳」に「行なう」の意を持つ「彳」が加わって「徳」という字が生まれたとあります。

以下 『道徳』ってどんなこと?(2)につづく


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3135-2f9f46f2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック