FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


医療接遇のポイント

医療接遇のポイント

大切な人の心に響く「心療」

あなたの大切な人患者さんだとしたら、身体が病んでネガティブになっているとしたら。
その大切な人に対する心の篭った心療(治療)は患者さんの心にピッタリ応えることです。
接遇担当者や医師の積極的な気持ちが、患者の心に気持ちよく響いた時、心療する側、
心療される側の温かい関係が生まれるのです。


□心療の三要素

(ハート)

・態度・動作・言葉が接遇の土台になる
「私どもにご来院いただき感謝いたします。私どもは患者さんの身になって接遇と心療を行います
ので安心して治療をお受け下さい。」
こんな気持ちは必ず何らかの形で患者さんに伝わります。
例え言葉を使わなくても心の内面が表情や態度に溢れ出て患者さんの心に響くのです。

接遇医療技術)

接遇基本用語
・親しみと温かみの感じられる挨拶
・クレームや苦情の処理
・来院からお帰りまでの手順の伝達
医院(病院)で決められた接遇を行うことにより、ホスピタリティ精神が身につき、心と態度にゆとりが
生まれ、患者さんがよく見えるようになり、感謝の気持ちで患者さんに応対できるようになります。

(見た目)(印象)

・医院(病院)各スタッフの外見
・衛生的で清潔感のある医院、態度、身嗜み
・誠実さ、安心感、爽やかさ
・自らの態度、服装、身嗜み、心身の健康管理を確り行う

□発生と余韻

来院=動機(必要性、期待)

・治療、手当を受ける必要性が生じた
・身体の健康管理とチェックのため
・人に勧められてetc

評価

・クオリティーの高い治療が受けられた → 治療に対して満足を得られた
・院内の人的な要素が感じが良い
・信頼できる技術力と頼れる人柄
・治療に見合った評価であった、来てよかったetc

満足と信頼感

・治療によって健康体を取り戻し心も元気になって良かった
・値段に合った治療が受けられた
・医院スタッフの気遣いの感じが良かったetc

余韻

・心に温かさを感じ、安心感があった
・信頼できるから誰かに紹介してやろう
・また治療が必要な時はここに来よう etc

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback