#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 社会生活の礎—モラル・マナー

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

#モラル #マナー #エチケッ

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

日本人の井戸

以前ある人から
「マナーとエチケットってどう違うの?」
「行儀とマナーの違いを教えて?」
「モラルとマナーの関係は?」

このような質問をされたことがあります。

このことに改めて再認識するためにも
行儀モラル、マナー、エチケットの
夫々の原義について考えてみたいと思います。

行儀は、礼儀・作法に適った立ち居振る舞いのことを言います。
子供の頃には行儀が良いと言われることが多々ありますが、
同じことでも大人に対しては、躾やマナー、エチケットと表現します。

そしてマナーやエチケットには、道徳心・倫理観
モラルの保有は欠かせないことであると考えます。
人として適正なモラルを持っていなくては、
マナーやエチケットを表現伝達することは出来ません。
即ち、モラルの保有は、マナーやエチケットの礎であると言えます。

現実社会や実人生に対する態度や気持ちの在り様をいい、
それは法による拘束力を持たないものであり、
人間相互の関係において善悪の判断を伴う感性のことをいいます。
モラルは、「現実生活に即した道徳・倫理・良識」と指して言う時に使われます。
マナーとエチケットの夫々の原義は、「礼儀作法」を指す同義語です。

エチケットはフランス語です。
 礼儀作法を意味し、どちらかと言うと一人称で使われる場合が多く、
 形式化された作法とか仕草を指し示すと考えます。

マナーは英語です。
 態度・礼儀。礼儀作法。人称は限定されない。
 形式化された作法とか仕草と共に礼、態度と言った心の部分を含むと考えます。

マナーの原義は、人に対する#思いやりや相手を気遣う気持ちを言い、
その心(気持ち)を動作や態度で表したものです。
それは、正常な人間ならば誰でも持っていて
その心の根底にあることであると思います。

字義としては、行儀、作法、礼儀、態度、様子、仕方、
やり方方法、態度、様子、挙動、風習、習慣、流儀、
様式、作風、種類、手法、習癖が挙げられます。

モラル(moral)は、「道徳・道義的な」「教訓」
 などを意味する英語から来ています。
 「道徳」「倫理」「良識」のことを言います。
 現実社会や実人生に対する態度や気持ちの在り様をいい、
 法による拘束力を持たないもので、
 人間相互の関係において善悪の判断を伴う感性のことをいいます。

 モラルは、「現実生活に即した道徳・倫理・良識」
 を指して言う時に使われます。
 「モラル」は「道徳」という漢字の広義とされ使われています。
 職場内での管理がルーズになったり、帰属意識が弱まったりすると
 モラル(≒ルール)の低下が起こりやすくなりますが、
 逆に短期的で表面的な成果を過度に求めすぎると
 取引面でのモラルがないがしろにされてしまう傾向が出ます。
 
 それは現実社会や人生に対する態度や気持ちのありようを言い、
 法的根拠による拘束力をもたないものであり、
 宗教のように超越者との関係においてではなく、
 人間相互の関係において「善悪の判断を伴う感性」のことを言います。
 モラルというときは、特に「現実生活に即した道徳」という点がポイントです。
 
 ビジネス・法律・政治などの分野で、最近富みに聞かれるのは、
 「モラルハザード」という言い方や、「モラルハラスメント」、
 「情報モラル」といった使われ方も多くみられます。
 モラル、マナーとエチケットに、特に【礼】【義】は欠かせません

〇高齢者のモラルの認識

最近特に身近な場所や車内で目に付くことですが、
社会で認められている高齢と言う自らの環境に甘えて、
様々なマナー違反を公然としていることが多々あります。 

高齢者自身のマナーやエチケットについても
改めて考え直なければならないことが多々あると思います。
大切なのは高齢者自身の「社会人としての自覚認識」ではないでしょうか。


モラル・マナー・エチケット・コンプライアンス・社会ルールは、
社会生活において人として相手の気持ちを思いやる心で生かされ、
感情・我欲・煩悩(情欲)の自制が出来ないと他者に迷惑や害を及ぼします。


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3162-0d4ca022
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック