接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  #日本人 「心の軸」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

見直そう日本人独自の 「心の軸」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

    おもてなし・日本の心

    日本人の心の原点「和を以って尊しと成す

    日本人は古より、自らが遜る心を備え持ち、
    人を許し、人を生かして、共に調和して生きようとする心」を
    持つ国民性があると言われています。

    また一方で、「和」と「輪」「環」即ち「調和」を
    重視するばかりに「曖昧」になると言う弊害もあります。
    この「調和」は、目的を同じくする様々な集団を一体化し、
    単なる要素を組み合わせた総和を越え、想定外の大きな創造力を生み出します。

    このような私達日本人ならではの人と触合いの「」、繋がる「」、組織の「」、
    このことは「調和」を図る上でとても大切であり、その心は日本の文化「おもてなし」です。
    人は「先ず人を思う」ことで、「和」と「輪」、「調和」を重んじ、
    他者とその置かれた様々な環境を大切にするようなります。
    そしてその「心の軸」は、
    日々の出会いや触合う人々、相手を「思いやる心」であると捉えます。

    このぶれない「心の軸」を支えている「礎」のひとつは、「認める」ことであると解します。
    人を思いやる心の軸は、この「認める」活動と共に、

    ・人としての正しい道は何なのか?

    ・人として平らな思考、言行が出来るか?

    ・人として道理にかなっているか?

    ・人として感情に流されていないか?

    ・人として情欲を自制出来ているか?

    ・人として成すべきことは何か?

    ・人として何が正しいことなのか?

    ・人として適切な感性を備えているか?

    ・人として受容の心で生きているか?

    ・人として自心と向き合っているか?


    ・・・・・など<と言うことを日々自問自答しながら生きることでもあ.ると思います。

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3166-0636c1f2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック