接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  心を動かす「日本の#おもてなし」-(3)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

五感覚と六感(2)-聴覚

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

日本独自の「おもてなし」聴覚=耳識


    ”聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 ” 

    ”会話は聴くことから始まる”


    聴覚=耳識(にしき)

    聴覚は、傾聴力を育む元であり、その力は個々人のスキルの大小によって差異が出ます。
    人と人との繋がり、お付合い、おもてなし接客応対やチームワークなどでの会話
    コミュニケーションは、話すことからではなく「聞く」『聴く』ことがスタートです。
    豊かな傾聴力(聴き方・聞き方)を備えることは、出合い触合う相手への「思いやり」です。

    その聞く・聴く活動は、身近であり、日々の生活で多くの時間を費やしています。
    そして、「聞き」『聴き』方の上手下手が、日常生活や仕事の場でも、
    会話するお互いの心伝の伝達や愛情表現、並びに信用・信頼を築くことに繫がります。

    また、「聞く」『聴く』その心身の姿勢の有無(良し悪し)により、
    相手との会話やコミュニケーションの度合いが変化します
    会話した相手に、また会って話をしてみたくさせる傾聴力を身に着けて、
    日常生活や接客接遇の場、おもてなし、様々な人との触合いに生かすことが肝要です。
    同時に、三現主義の徹底、CS、ES、会議やミーティングに於いても大切な要素です。

    聴覚の語彙を知る。

    ※耳識は、声と音を聞き分け、そのことから生まれる思考を言う。
      これには、目前にものだけではなく、過去や未来のことを思考することも含まれる。

    聴く=心を落ち着け注意して耳に入れる。傾聴する。
    聞く=音・声を耳で感じとる。耳に感じ知る。人の言うことを理解し受け入れる。従う。聞き入れる。
    訊く=たずねて、答えを求める。問う。

    〇様々な活用法
    聴覚には類しませんが以下の「きく」についても、共に知って置くことです。

    [利く]
    ・可能である。有効に働かせることができる。
    ・本来の機能を十分に発揮する。機敏に、また、盛んに活動する。
    ・それをすることが可能である。出来る。言葉を発する。物を言う。
    ・間に入って、上手く行くように世話をしてやる。まとまるように話をつける。
    ・技能がすぐれている。腕が立つ。

    [効く]
    ・効果や働きなどが現れる。期待どおりのよい結果が実現する。効き目がある。

    〇慣用語として

     聞き分ける
     聞き取る
     耳を傾ける
     拝聴
     伝え聞く
     聞いて呆れる  ・・・
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3174-df58026a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック