#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 人間力≒にんげん力とは?

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

人間力(≒にんげん力)の理解

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

にんげん力-人間力

人間力についての定義は、人によって多少の差があるように思われます。
私は人間力を以下のような能力であると考えます。
対人関係力(=相手の心に働きかけて、人を動かす力)と学力や資質・スキルで量れなく
数字で表すことの出来ない人間としての総合的な魅力を指す。

また、別な考え方として、≪にんげん力≫として捉え、
以下の六つの『人間の持つ能力』を表現するとも考えられます。

にんげん力

1.人元力「磨かれた五感」と「豊かな感性」が人としての元(根本)となる
 ※五感(五官)=味覚・臭覚・触覚・聴覚・視覚

2.人原力(人源力)物事を考えるときの出発点。
  思いやり、ホスピタリティ(おもてなし)の心を持ち、表現伝達の基礎であるマナー修得がスタート
 
3.人現力≒人言力 人を見る(診る・覧る・観る・看る・視る)目・眼力※1.
   (人言力)自らの人格、意思、意識、ビジョンが明確に表現、伝達出来る力
   心を表現伝達出来る言語力と適切な言葉使い(遣い)が出来る力
  ※1.眼力=物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力

4.人源力

 社会、店舗、企業の成長や繁栄の源は、総て≪人≫であり、
 お客様も従業員や仲間も同じく≪人≫が源であると言う考え方。

人間力

イ)人間としての総合的な魅力

 自らの心や意思を控え目に考えることが出来、物事や事象について相手を中心に意識して思慮し、
 世の為、人の為に生きることが出来、先々を予測し、見通す能力である予知力、先見力を備える
 と共に、人の心や行動を察知し、理解することが出来る心、感性を持つ人を指すと考えます。

ロ)心・技・体(≒心技一体)

心技体31

「心」=精神力、知識力※2、気力、志と信念、表現力、学習力、問題解決力、決断判断力。
   思いやり、感謝、信念、誠実、寛容、奉仕、自制、慈愛、尊敬、忍耐、向上心、やる気、情報力、
   気遣い、心遣い、気働き、安心感、立場転換、チャレンジ心、ビジョン、志、愛情、先見予知力。
 
※2知識力 人として備えておくべき様々な知識の修得と知識を活用するための方法の会得

「技」=表現力、伝達力と動作、マナー、おもてなし、各技術技能力、課題力、改革改善力。
   表現、伝達に伴う全ての技術、技能及び動作、鍛錬、様々な解決技法、装飾法、自己表現法。

「体」=実行実践力、表現伝達に必要な体力、健康さ、逞しさ、身嗜み、生活力、経済力。
   また「体」は、「心」「技」の修得と実践に必要とされる体力と表現出来る健康な身体、
   その身体を維持継続させるための生活経済力、自己管理力。

ハ)人間関係力=人と人の間に関わる力(コミュニケーション力) 
 モラルの保有、思いやり、立場転換、感謝、利他の心※3、自己犠牲、察知、奉仕、寛容さ、
 誠実さ、五配り、報連相、会話力、おもてなしの心、観察察知力、表情姿勢態度、伝達力、
 マナー、愛情、自制力、慈愛。

※3. 利他の心「利他」の心は、人を思い遣る心です。
 利他心(リタシン)は、自分以外の他人を利する心を言い表します。
 それは他人の利益を重んじ、他人が利益を得られるようにと振舞おうとする心です。
 人はどちらかと言うと自分のことより他人のことを考えるのが比較的苦手ですが、
 この度の震災後「自分の為より、誰かの為に」と言った、
 他者を「思い遣る心」が多くの人々の心に芽生えたのではないかと思います。
 このような心を人として持つことはとても素晴らしいことです。
 この心は、まさしく「利他心」です。


(参考)類似した「利他愛」と言う言葉についても、此処で記憶を辿り簡単に解説します。
 「利他愛」とは、岡田茂吉氏が提唱した
 「自分がどんな困難な立場にあろうとも、人を幸せにしたい」
 とする想いを、端的に表現した言葉です。
 自分の利益とは関係のない無償の行為が「利他愛」です。

 自分自身や自分の家族のことを心配し、一生懸命になることは誰でも出来ることです。
 利他愛は本来「無償の愛」が原点とされているそうですが、様々な感情のある人間は簡単には行きません。
 中には、そうした心に成長してから善行をしようと考える人もいますが、
 岡田茂吉氏は、喩え打算が大きくとも、先ず自分の利益とは関係のない無償の行為
 「利他愛」の実行に心掛けることだと提唱しています。
 かけ引きでも打算でも良いから、とに角良いことをし、人に親切にしよう。
 このことを日々実行し、継続することが重要であるとも言われています。


以上の「利他心」と「利他愛」は、日本のおもてなしの心、
サービス業や様々なホスピタリティ関連の業種にも相通じる大切な心であると考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3181-180de85d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック