#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[2]

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

主観客観目配り気配り

      ・思いやりについて-2.
(主観)


お薦め度【★★★★】全業種、業態用


                主観
    主観枠新

    前記の私見投稿-[1]では、社会で起きている様々なネガティブなことを記しましたが
    ブレない確りとした主観を備えた活動や結果として現れている人について載せます。

    主観を備え持ち活動し、結果を出している人
    [それは、実際に出会った人、様々なプロの世界で活躍している人、人の上に立つ人など]

     一日一生の心を備え、その心の活動が出来る
     自らの足りなさを自覚認識し、不足していることを補うよう努めている
     他人の批評批判は、己に還るとの心で行わない

     私的なフィルターをかけて人物、事象、物事を観ない(⇔無私の心&心眼を以って)
     人物、事象、物事を平ら(平等)な目線で見られる
     積極的に学び、知識の収集をし自ら知恵と成るよう努めいてる

     他人の目や思惑に左右されての言行、活動はしない
     自心に正直で自分自身を偽り、嘘や言訳をしない
     私心や我欲、感情のコントロールが上手

     共感、共有はするが同情は避ける(≒相手への思いやり)
     見返り(≒・・・されたい)に関する意識が無い薄い(≒利他・愛他意識)
     自ら発した言葉に責任を持てる☞自分自身を大切にする

     自利・利己的なことは出来る限り話さない
     自ら言行、態度(活動)に、自信・信念が伺える(無言実行・有言実行)
     敢えて目標や課題を実行するために言葉に出す(例-プロスポーツマン)

     謝意(=感謝・御詫び・礼)を素直に表せる(☜適時・適切・適正・適所)
     傾聴力に秀でている(≒受容・素直)・
     適時適切な現況分析力、状況判断力、決断力を備えている

     何故の心を以って人や事象、モノを見られる
     自分を心から愛し、自心と正対できる(≒向き合える)
     自己開示はしても自己顕示は控える

     自らの当たり前について自問自答が出来る
     八正道※1.を認識した言行が出来る
      ※1.(正見/正思惟/正語/正業/正命/正精進/正念/正定)
     周囲の人や物、環境の影響を受けない心があり、正しい判断出来る
      (表象・判断が、個々人の人間や人間同士の心の感性に依って出来ている)
      ※2.表象(辞書検索)=イメージ。直観的に心に思い浮かべられる外的対象像をいう。
        知覚的、具象的であり、抽象的な事象を表す概念や理念とは異なる。心像。

    ・・・など、まだまだこの他にも多々ある考えます。

    (以上の項目は、感受性が強く自分中心で生きてきてしまったこと、
    多くの人に多大な御迷惑かけたことなどを顧み、自省のためにも載せました。)


    個々の個性は多様ですが、人としての心や生活上の幸せを手にするには、
    先ず確りした主観を備え持つことをお勧めします。

    この内容をお読みになりながら、印(24)にを入れて数えてみることも
    今現在の自らの持つ主観の再確認となり、自信になると思います。
    そして、それは今から未来のための自己啓発(コミュニケーション力育成)にもなります。

    以下、目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[3]に続く。


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3195-a55eca28
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック