#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[7]

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

主観と「思い」『想い

お薦め度【★★★★】全業種、業態用


    思い・想い

    主観(≒自心)を紐解く上で「思い」『想い』の理解認識はとても大切です。

    私見ながら文字構成から
    思い」は、一人称である自分自身の心の領域を表す「田」と「心」、
    想い』は、二人称である相手や相対する物事などを表す「相」と「心」
    それぞれの語は、このような異なった二文字から組み立ててあると解します。

    思い」『想い』の心の占有率は個々人の主観的・客観的な
    思考力、想像力の大小によって差異が生じます。
    そして、人の顔が異なるように各々の心の位置で表現伝達の仕方が変わります。

    この二つについて体験を元に考えてみると、
    〇自心で解釈し、思考する「思い
    ◎相対する人や物について心の中で色々と想像する『想い

    〇自分自身の意識や活動について思考する「思い」
    ◎他人や回りの人々のことについて想像する『想い』

    〇「思い」は「心の礎」
    ◎『想い』は「心の源」

    〇「思い」は「感情と状況に影響される」
    ◎『想い』は「夢や目標・目的から生まれる」

    〇「思い」は「意思・信念」
    ◎『想い』は「想像・発想」

    〇「思い」は「我が心を律し、利他心を生む」
    ◎『想い』は「一体とさせ、技と力を高める」

    〇「思い」は、今現在の心(思考・思案・意思)を表す
    ◎『想い』は、回想(追想・想い出)~予想(構想・夢)を表す

    また、「思う・想う」の夫々は、次のように結論づけられます。
    一般的に「思う」が多く使われていますが、
    「ある対象を心に浮かべる」という気持ちが強い場合や、
    「芸術作品の構想を考える」「人の気持ちを想像する」
    という場合には、『想い』が用いられます。

    この「思い」『想い』言行や態度に表し伝えるには、
    一人称の主観的思考と共に、二人称の客観的思考と発想】が大切であると考えます。
    同時に、ТPОで使い分け、五現(現場・現物・現状・原因・現況)意識を以って
    思考し、適時適切適正な言行態度で表現伝達することです。
    また、「思い」=ミクロ/『想い』=マクロとも考えられます。

    ※思う・想うも似たような語彙を持っています。

    下の続きを読むに思いと想いの辞書検索を載せてあります。

    目配り・気配り・思いやり(≒心配り) ☜私見投稿-[8]へ続く


    思い (辞書検索)

    ①思うこと。思うところ。考え。思慮。 「 -を述べる」 「 -にふける」
    ②感じること。感じ。経験。 「いやな-をした」 「やっとの-で作り上げた」
    ③予想すること。もくろみ。推量。 「 -どおりになる」 「 -のほかの収穫」
    ④あれこれ心に浮かべること。 「 -が乱れる」
    ⑤気にかけること。心配すること。 「親-」 「 -に沈む」
    ⑥希望すること。願い。 「 -を遂げる」 「長年の-がかなう」
    思いしたうこと。恋すること。恋心。 「 -を寄せる」 「 -がつのる」
    ⑧恨み。にくみ。
    ⑨喪に服すること。また,その期間。喪中。
    〔「想い」 「念い」などとも書く〕

    思いの用例

    思いを馳せる、思い邪なし、思いが届く、やっとの思いで、
    思いを寄せる、鮑の片思い、親方思いの主倒し、思いを晴らす、
    血を吐く思い、思いも掛けない、痩せる思い、思い半ばに過ぐ、
    三秋の思い、思い立つ日が吉日、磯の鮑の片思い、蟻の思いも天に登る、
    思い内にあれば色外にあらわる、思いを致す、思いを懸ける、
    思い立ったが吉日、蟻の思いも天に届く、思いも寄らない、

    想い

    1 ある物事について考えをもつこと。また、その内容。所懐。「年頭の―を述べる」
    2 予想。予期。想像。「―もしない結末」
    3 願い。望み。「長年の―がかなう」「―を遂げる」
    4 物思い。回想。「秋の夜長に―にふける」
    5 思慕の情。愛情。恋心。「彼女への―が募る」
    6 執念。恨み。「この世に―を残す」
    7 あることを経験してもたらされる感じ。「胸のすく―」「自分だけいい―をする」
    8 (多く名詞の下に付き)ある対象を気にかけ、大切にする気持ちが特に強いことを表す。「親―の息子」
    9 《4の意から》喪に服すること。また、その期間。喪中。

    想いの熟語

    想起・回想・追想・感想・予想・夢想・空想・発想・想を練る・楽想・構想


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3204-38c1de35
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック