接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人と触合う仕事

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

志望動機と仕事を通して学ぶ」

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

こちらに記してある内容は、仕事に対し悩んだり、やる気がおきなかっりした時など、
初心(原点)に還って、自分がこの仕事をとするキッカケなどと「向き合ってみる」ことにも繋がります。
何人、何事「初心忘るべからず」のは大切だと思いますので改めて投稿しました。



    人と触合う仕事


    なぜ接客、もてなしの仕事をするの? 

    志望動機(主な項目)

    1. 親や知人の勧め 

    2. 世の為、人の為になる

    3. 自分の性格に合っている

    4. 数限りない感動や感激が味わえる

    5. 他者の心を知りたいから

    6. 忍耐力、包容力が身に付けられる

    7. 恰好良さや制服に憧れていた(夢だった)仕事

    8. イキイキと楽しそうに働いている人を見て素敵だと思った

    9. 人との触れ合いが好きで、手軽に出来るから

    10. 人の嬉しそうな顔を見ることに幸せや満足感を感じられる
       ・・・など。

    〇得られる心の学びと知恵=醍醐味
      (人との触合いことから学べること)

    1. 他人との触れ合いによって学びがある

    2. お客様の喜びや感動を直に感じられる
      (人の嬉しいを我が喜び⇒としたい≒と出来る)
      (お客様の素敵な笑顔が自分の喜びになる)

    3. 会話力が身に付けられる

    4. 傾聴力が身に着く

    5. 自分の人を思う、心を育てられる

    6. 寛容さ(忍耐力)が身に着けられる

    7. 言葉の大切さの自覚が出来る

    8. 無数の御縁を頂け、育める

    9. 御縁の積重ねで始まる人間ドラマを味わえる

    10. 未知の人との出会いから利他の心が育める
      ・・・など。


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3211-75b4de83
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック