接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「日本のもてなしの礎」を学ぶ会 (第一回)-大阪

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

(第一回) 「日本のもてなしの礎」を学ぶ会-大阪

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用


    大阪2017-7月



             この度私どもの投稿おもてなしの心に共感された大阪平野区にあるオシャレな和処 Re 楽さま
             と御縁を頂き、,この度下記の講座を開催することに至りました。

    大阪り楽


               独自の味創りをなさる調理人の御主人、女将が伝える和食の作法のセミナー
               日経新聞の読み方・活かし方セミナーをされている魅力溢れる女将、
               共に【一心一路】の志を持たれ、笑顔の素敵なお二人に出会うことが出来ました。

    :***********************************  御 案 内  ************************************

    【備えておきましょう,夏のハイシーズンのもてなし術】

    “豊かな自心を育み, 潤いのある人間関係を創り、

        即、お店の業績UPにも繋がる『和のおもてなし』“


    【解説】

    一人ひとり顔も心も異なりますが同じ「日本人」!!

    「心も技も【基礎】が確り出来ていれば、
    おもてなしも仕事上でも、総ての人間関係に生かせる。」


    これは、50余年に渡り、人に関わる仕事(サービス業)
    に携わって来て知り得られた私なりの答です。

    結果を出している人やプロスポーツ選手は、
    いつも原点である【基礎】を重んじています。
    この基礎となることを修めることにより、
    もてなし」に必要とされる心と技を学び知ることで
    自身の知恵となり、その人、その環境に合った
    その人成りの「もてなし」が出来るようになります。

    この講座は、現在迄に実体験から学び修得した
    「もてなし」の知恵や技、しくじり人生で学び
    知り得た様々な対人関係で役立つ知恵と技に、
    人生後半での様々な先人からの学びを加え、
    今後の少子高齢化社会を生き抜く心の育成や
    人財育成に細やかでも貢献が出来ればと考え、
    その「心と技の基礎知識」と「生かすスキル(技)」を、
    皆さんと共に考え、お伝えする場です。

    今回は、明日から生かせる「もてなしの基礎」
    人称別思考、6W1H意識、報告・連絡、一挨一拶など
    直ぐに使える実例や技のロールプレイを交え行います。


    ◎開講日 7月8日(土)  参加希望の方は以下のA.Bをお選び下さい。

    【A.】昼の部  14時~16時位迄 処 【Re楽】

    【B.】夜の部  19時~21時位迄 Re楽内 【カフェ TUBE】

    参加された方には下記の①②の何れかを、参加後メールで配信します。
    ※お使いになる方が自由に添削出来るWord元稿です。各々通常¥25,000程度でお分けしている教材です。
     
    ①「和のもてなしの礎」もてなしの心と技の手引き-A4版
      熟語の解説&認める・大切な人・挨拶・感謝・傾聴力の各Excelドリル

    ②人間力の基礎から学ぶ「心の礎のテキスト」A5版
      長所を探す・認める・大切な人・挨拶・感謝・傾聴力・謙虚の各エクセルドリル

    〇定員12名様   (参加者が少ない場合は順延)

    〇お申込締切  7月5日(定員になり次第締切)

    〇初回特別参加費(昼・夜)各 ¥5,000(税・①or②のテキスト・教材含)


    ●参加のお申込みはFacebook投稿

    【昼の部】


    【夜の部】

    又は、右カテゴリー上の問合せメール7月5日18時迄受け付けています。



    和顔和心解説付き


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3226-a9bd3bd8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック