#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 余韻・感動の源は?

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

余韻」「感動」の源「思いやる心」

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

余韻感動

感動には、相手やお客様の内面的な心や外見的な形と言った様々な期待感が付き物です。

お客様や相手に対し、期待以上のことを受けた時や感じた時に心に生まれる感動の特質から、
極端に言えば、一度味わった感動は二番が無いということを意識しておかなければなりません。
従って、より高い感動のレベルを追い求めてしまう結果になり不自然なものとなってしまいます。

感動を意識することはとても大切ですが、感動を意識し過ぎて、感動の追い駆けっこ
ばかりしていては中々ゴールに辿り着けないのでないかと思います。

本物の感動を感じて頂くには、「何気なさ」であるとか、「自然さ」が何よりも大切であると考えます。
思い遣りは相手に提供するもの、感動は相手が心に受け止め、感じて頂くものです。

感動させる目的で様々な演出や「モノ」(形)によって作られた環境、感動させる言葉、仕草と言った、
こちらが主となり能動的に働きかける「コト」や「モノ」で得られる一時の瞬時的な感動、感激は
その時、その場限りになり易く、決して本物ではないと私見ながら考えます。
日本はもとより世界中に実在する文化遺産、無形の文化、芸術品アート、名優など
素晴らしい、本物と言われる人物や品物には、いつまでも心に残る余韻があります。

もちろん感動を味わって頂くことは大事なことですが、
より大切なのはいつでも「お客様の目線・心」を意識して、
観察・察知し、その目線に合わせた様々な施策をすることです。

現在発展成長し続け、繁栄している企業や店舗は、
この「お客様の目線・心」や「対象組織=顧客(クライアント)の目線・心」を
重視して取組み、営業や企業戦略に生かしていることからもよく判ります。

あなた自身やあなたの店舗、会社はいかがですか?

感動を味わって頂くこと、お客様目線のどちらを大切にしていますか?


お客様目線」で三味一体を観察したり、考えたりすることは、
感動とその余韻を味わって頂く為に怠ってはならないことですし、
自らの店舗や営業全体を心技体の夫々で見直すことです。
無理をしたり、何かの対象を望んだりして作られた物や形は必ず無くなり、崩壊してしまいます。

しかし、自然に何気なく心に感じるこれと言った決まった形のない感動から生まれた
『心』や「意識」は永遠に不滅であると思います。

相手やお客様の心に響き、心を揺るがす感動は、「お客様目線」を持つことに常に心掛け

strong>誠心誠意の『真心』と相手を大切に思う『思いやり』が何よりも大事なのです。

もてなしは、人としての『思いやり』を表現し、
            伝えるための形であり、余韻作りと感動の源なのです。
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3232-533c8dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック