#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 心の体力-「信頼」&「絆」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

心と心を繋ぐ「信頼」と「

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

信頼絆和紙

人と人、会社と人、会社や店と取引先との「信頼関係」、「」の≪礎≫は、
触合う相手を思いやる心で相手の立場に立ち物事を思考し、行動することです。
それは、取りも直さず「対応」意識ではなく「応対の心」です
と同時に、お互いの心の知能指数(.E.Q.)とも言える、「心の体力」が備わってこそ成り立つことです。

」の文字は組立てから、「糸」は<人≒心の体力>を表わし、
「半」は<互いの心>が半分と言うことを表していると私は考えています。

また、人としての信頼関係やは、表面上の仲良くしたりすることや明るく振舞ったり、
会話をしたりするだけで築くことや結ぶことは出来ません。
それは、相手を認めることから始まり、思い遣り、誠実さ、大切な人の大切を大切にすること
などの様々な心の触合いの積み重ね、日々の言動や態度の積み重ねにより、
お互いの心の中に少しずつ築かれて行くものです。

要約すると、人と人、企業と人の「」を結ぶためには、思いやりの心を備え、
他者を指ささず、己を指さし、何事にも耐えられ挑戦出来、
様々な苦難や問題を解決できる強い【心の体力】とその心を互いが保有することと考えます。

最近まで日本の社会生活では、人の目や思惑に捉われすぎた結果、
ともすれば、外見や表面上を飾ったり、磨いたり、スキルや資格の取得などに捕らわれ
「心の体力」に目を向けて来なかったのではないかと考えます。

そのようなことは、多くの方々と触合う場やおもてなし、接客・接遇の場で、
表面だけ繕った形だけの心の感じられない応対や対応に見られます。
」の感じられないマナー?やマニュアル通りで作業的に感じられる心の感じられない
作られた所作は、ある一時期は保てても時の経過や慣れなどで必ず崩れてしまいます。
このことは、格好良さや表面ばかりを意識して生きた自分の体験からも言えます。

信頼関係は、先ず相手を認め、相手を思いやる心と態度、誠実さ、厳しさ、自らを指差し、
他人を批判しない、相手の大切を大切にすることなどの様々な心の触合いの積み重ね、
日々の言動や態度の積み重ねによって、お互いの心の中に少しずつ築かれるものです。

信頼」は相手の行動の結果が、自らの予測の範囲内にあることです。⇒共有共感の能力
依って相手の行動の善し悪しに係わらず、予測、予想出来れば「信頼」は成立ちます。
逆に、予想が出来ず、予測不能な行動を取る人は相手の立場や人間性に係わらず
「信頼」が出来ない人と言え、信頼関係が成立しません。

信頼は文字通り、≪信じることを頼る≫ことです。
故にその対象の人に信じるに足りるべき根拠になりうるところが無ければ、
その相手を信じることも頼ることも出来ません。
人は同じことをしても、相手との間柄どのような関係か、信頼する心(意識)の有無によって
言葉、態度、行動や結論、結果について見識は変化します。

相手に対し「信頼関係」ばかりを作ろうと意識し、表面上や形だけで作る損得や自利からの
表面だけの「信頼関係?」では、見返りを望み、求めていることで真の「信頼関係」とは言えません。

信頼関係は、
「信じて頼る」ことの以前に、相手が心から喜んでくれ、優しく温かな気持ちを持って貰う」
などことも前提の一つと言えます。

「信頼」は、互いの立場を認め合う活動

「互いの小さな信用の積み重ねによって築かれること。」
「警戒心を持たず、心を開いていること。」
「互いが無条件、かつ一方的に信用していること。」
「一方的な思いやりが双方向に生れた状態のこと。」
「信頼関係は慎重に作るべきこと。」
「けじめと節度を持つこと。」
「場合によっては甘え合えること。」

「お互いの心や態度を受け入れていること。」
「相手の言動の結果が予測出来る範囲内にあること。」
「互いが自ら指差すこと。」
「互いの意識、思考、物事の捉え方や判断と異なることでも許せること。」
「お互いが許し合えること。」
「互いに依存し合うところに根差していること。」
「互いに我慢や自制すること。」

「お互い関係を感情の刃で絆を切り、絶つことが出来ること。」
「優しさだけでは、信頼の絆は作り得ないこと。」
「対象の人が、こちらが信じていることに反する結果を選択しても裏切りとは言えないこと。」
「信頼関係の成立は、信じたのは自らの責任であると言い切れること。」
「絶対に裏切られることはないと確信を持てること。」
「信用と信頼は、互いに切り離すことが出来ないこと。」・・・等々。

信頼と絆はペアと捉え、見返り・自利我欲・損得意識は捨てることです。

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3246-8233f007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック