#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「和」のもてなしの礎-(序章) 抜粋-1.

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「和」のもてなしの礎-1.
 
    副題≪心の礎の手引き≫より抜粋

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

「和」のもてなし0

序 「和」のもてなしの理解と認識

◎「和」のもてなしの理解認識の必要性

現代社会に求められる日本の「和」のもてなしの心
美しいものを「素敵だ、美しい、綺麗だ」と感じ取れるのは人間だけです。
豊かな感性を備え持ち、更にそれを磨いて行くことが出来るのが人間です。

また、同じ人間でも、心が歪み、すさんでいる時は、
心にゆとりが持てず自然界や美術の美しさを感じ取れません。
詰り、精神状態が正常さを失っている時は、人の感性(感受性)も鈍ってしまいます。

現代の日本では、個々人の“感性の危機”
(≒想像・創造力の衰退)とも言われている現況です。
今、日本の社会の中枢となり、担っている人達の中にも、自分自身の安心安全を優先し、
利己的な保身や自利意識が強くなりつつあることは否めないと思われます。

また、現代社会の子供達や若い人達も凶悪犯罪や引きこもり、自殺が低年齢化し、
「子供達や若者の心が壊れ始めた」と警告する学者も増えています。
「ひきこもり」「キレる子供達」「学級崩壊」「イジメの陰湿化」「肉親ヘの傷害」の
問題は益々増加し、全国的に広がっていると受け止めております。

中でも、若者や子供達は感性の要素、「想像力。共感性」に乏しくなりつつあると思います。
人としてあるまじき「凶悪犯罪」 、「陰湿なイジメ」や様々な利己的で保身的な「ハラスメント」
なども、この共感性の欠如に起因していると思われます。

私達は今日まで、
「物質的、経済的な豊かさ」「過ごし易い環境」「便利で快適な生活」
など目先のことばかりを追い求め、何か、人として大切な心や大切ないもの、
日本人の本質(らしさ)を見失いつつあるように思えてなりません。

勿論、社会生活上で物質的にも経済的にも豊かであるに越したことはありませんが、
人間は、それだけで決して満たせない大切な心やものが必ずあると思います。

その大切なものを感じ取る「感性」を育み備えることが必要ではないか、と考えます。
それは、自分と向き合うことから始め「本当の幸せとは何か?」
との答を、感じ取れる個々人の感性だと思われます。


私達の住む日本という国は、戦後、世界一速いスピードで国内の経済を立て直し成長させ、
各家庭の自動車保有台数などの文化レベルでも、世界のトップクラスにのし上がりました。
同時に、自殺や引きこもりなどの心身の障害やうつ病なども凄い勢いで増えました。
しかも今、これからの時代を担う子供達にも増えつつあります。

私達は、「経済的に豊かになれば幸せになれる」と信じ、頑張ってきて、
実際に経済的には豊かになっていながら、「物足りない」「満たされていない」
「虚しい」「孤独」と訴える人は年々増えて来ています。
昭和の時代を担ってきた私達は、己と向き合い「幸せとは何か?」を感じる暇もなく、
実績・結果や成果だけを追求して来たのかもしれません。


豊かさ、便利さ、快適さを追及する過程で、大切な自然界が破壊され、悲鳴をあげて、
未曾有な災害をおこしていることにも、実体験するまで多くの人は気づきませんでした。
現実的な効率・能率ばかりを追求している間、感性が鈍ってしまったのではないでしょうか。
そして、深刻な危機的状況に至ってから、慌てて環境問題を意識するようになったと思います。


子供達への教育も、知情意のひとつである、知と言われるスキルや技、知性や理性に偏り、
大切な自分に合った「感性を育む」という視点が、未だに軽視されているように思えてなりません。
私達日本人は、美しい自然や建造物、アート、文書などの美しいものを見たり触れるたりする
ことでによって個々人の感性や想像力を高め磨くことができます。
そのことで、様々な「感じる心」と「創造力」が養われ【心】が育まれます。

また、日本には古より伝わる様々な素晴らしい文化が沢山あります。
森羅万象の中に「ものの哀れ」を感じ取り、不均衡美、
自然さ、侘び寂びなどを大切にした日本独自の文化は、
まさしく日本独自の「感性の文化」だと言えると思われます。

何らかの報道で、「クールジャパン」と言われる日本の文化が海外で注目される一方、
「日本の文化には全く興味がない」と言う子供達も増えていると言うことが放送されました。

現実として実在している、そのような若者達に日本の素晴らしさを自覚させるためには、
先ず、私達大人が日本の精神文化や独自の文化の素晴らしさを振返り、受容れ、再認識し、
感じ取る取り理解することが必要ではないでしょうか。

同時に、「感性には、個人差がある」と言うことを、
個々人が認識しておかなくてはなりません。
各々の心に見合った感性を育める日本独自の文
もてなしを見直す必要があると思います。
そして日本人の本質、素晴らしい文化「もてなし」を
温故知新の心を以って顧み再認識する時であると思います。

このような社会環境で生活している皆様の知識や気付きに役立てて頂ければと考え
現在、これからの社会のため今までの体験と学びの知識
そこから得られた知恵のもと、日本の「和」、ホスピタリティの「和」、
もてなしの「和」を私見も含めこの手引き書を記しました。

<「和」のもてなしの礎> 全五章とチェックリスト集・言葉の解説集
より抜粋


関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3251-82036990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック