#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「和」の心・日本のもてなしの心

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

日本人の「和」もてなし

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

 和と和・もてなし

 相手をもてなすために必要なマインドの持ち主は、
 「直き心」(=素直さ・受容・謙虚)である「和」の心を持ち、
 触合う相手(客人)から求め、望まれるアクションをされる前に
 その相手(客人)の心をいち早く察知(洞察)することが出来、
 それを相手に合わせて、自発的且つ一歩踏み込んだ言動や態度に移せ、
 相手(客人)に和やかな心、満足感(≒C.S)の提供出来る持ち主であり、
 それを自然な活動に表せ、なに気なく実行に移せる人のことを指すと解します。

 もてなす相手を「和」ませ、魅力や感動を感じない心身の活動は
 相手にピッタリマッチした「もてなし」とは言えず形だけのもてなしです。

 日本のおもてなしには、もてなす側(主人)が日本人としての自覚と認識が求められます。
 同時に、確りした自覚を持ち、人の思惑や見た目を意識しないことも大切です。

 前の記事にも書きましたが、「和」の本来の語彙と共に
 ≪輪・話・環(≒円/縁/宴/園/演/艶/援≫)の語を意識することです。

 端的に言えば、御縁を頂き、会話・演じ切る(パフォーマンス)などにより
 人の和と輪を創り出せるのが「和」であると言うことです。

 ここで、日本の「和」、人間関係の「和」、もてなしの「和」について
 ※学びのメモより抜粋して載せます。
 この※学びのメモは、出典が定かでない文言が多くあり、これは私見ではありません。

  「和」は元々、「おだやか、なごやかな状態」を意味する漢字でその由来には諸説ありますが、
  一般的には「和」を辺の「禾(カ)」と旁の「口」に分解され説明されています。

  「禾」は軍隊の門の前にある標識、「口」は神への誓いの言葉である祝詞を入れる器を表し、
  2つ組み合わせて「軍隊の陣地内で戦を止め、神の前で平和を誓い合う」様子を表現します。
  そこから「仲良くなる=おだやかになる、なごやかになる」という意味が生まれたといわれます。
  その「おだやかな様子」から派生して、ゆったりと落ち着いた状態、
  「やわらぐ」や「のどか」という意味になり、塩梅(アンバイ)が丁度良く
  「過不足ない」、「調合する」などの意味も生まれました。
  ちなみに日本のことを「和(ワ)」とするのは、古くに日本が「倭(ワ)」と呼ばれていたことに由来します。
  共に同じ響きをもつことから「倭=和」が当てられ、和服や和食、和製といった言葉が発生となりました。

  また、「平和」や「和む」と言い表すと、とてもソフトで柔らかい印象を受けます。
  「ワ」という読みも、私たちの心にリラックスした印象を与えますので、
  「和」を含む名前からも、周囲の人と仲良する様子が思い浮かびます。

 ※学びのメモより転載終わり

 日本の心・和

 「和を以って貴しとなす」も知られていますが、次の四文字熟語もあります。

□「和顔愛語」(わがんあいご)
 (意味)なごやかな表情と思いやりのある言葉使い。親しみやすく、穏やかな態度のこと。

□「待てば海路の日和あり」
 (意味)今は状況が悪くとも、じっと待っていれば幸運はやってくることの喩。
 待っていれば天気がよくなって出航にふさわしい日が訪れることに由来する。
 
以下、「和」のもてなしに必要とされるマインドなどの例を挙げてみました。

=おもてなしの原点「思いやる心」の理解と認識

=主客一体⇔客人と対等⇔心を一つに共感⇔互いを思いやる心
  (➜心の位置→互いの立場や心を理解する)

=日本文化の知識と認識

=直き心⇔客人を素直に受け入れる

=四季折々に合わせてもてなす

=主客共にもてなしを楽しむ

=マニュアルは存在しない(個々人のもてなしに関した)

=しつらえ→事前の客人や季節、もてなすモノなどの情報収集

=個々の個性と感性⇔今の個の時代に適合する

=自ら考えて配慮、行動

=奥ゆかしく控えめな態度

=もてなすモノやコトの様々なうん蓄を提供
※うん蓄≒蓄えた深い学問やモノの知識

=自然を重視→自然な姿⇔何気なさ・さり気なさ

=目に見えない気配り・心配り・手配りの仕草と心得

=臨機応変な所作

=不完全美の追求

=侘び寂びの認識

=作法の基礎、心得の重視

=客人への礼節を弁える

=様々な日本文化を織り込みもてなす

=一期一会の心

=和敬清寂の心


皆さんは、このような心をどんな方法で身に着けられますか? 



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3254-27f6de8a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック