接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  企業と人の「心の礎」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

日本人&企業の「心の礎」

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

礎和紙61


目に映らないバーチャルな「日本人のの礎」

 1.企業の「礎」=Company Cornerstone

 現代社会は、数多くの物や溢れるばかりの様々な情報に恵まれた社会環境になり
 欲しい物や知識、スキルはお金さえ出せば何でも手に入る時代となりました。
 しかし、社会の文字構成(体が土地に在り人でと会う)にあるように、
 会社や組織は人の存在無しでは成り立たないとかんがえられます。
 この人の心だけは、お金やどんな方法を駆使しても、
 決して手に入れ、自由に使うことは出来ません。

 日本人は、今まで人の心を大切に生活し、近所付き合いも大切にしてきましたが
 個の社会になりつつある、現代社会では人との繋がりより個を優先するようになりました。
 企業でも、10数年前まではマニュアル化も進んで進んで来ましたが、
 その組織としても、そこで働く人々の心を育てることにあまり力を注ぎませんでした。
 今大小にかかわらず多くの企業や組織、その経営陣が、

 ・今後の少子化・高齢化社会・国民の減少に向けてか?
 ・組織の人財育成が必要な社会環境と捉えてか?
 ・企業や組織の成長・繁栄に人の心が不可欠と受け止めてか?


 少し前から、多くの会社が組織で働く個々人の心の育成に取り組み始めました。
 これからの社会では企業を支える「礎」の一つは人であるという観点で取組む必要があります。

 一方私達の生活して行く上で大切な人と人、心と心の触れ合いには、
 相手に対する「思いやり」と「感謝の心」と共に日本人の心と言われる「もてなし」が必要であり大切です。
 そして「思いやり」と「感謝の心」、「おもてなしの心」は、今多くなりつつある
 自分だけが良ければよい、自分だけが幸せならよいと言う風潮の現代社会に
 ポッカリと開いた人と人との心の隙間を埋める手段の一つであると考えます。

 現在のような社会が成熟し、一方人との繋がりが薄れ個々中心の世情となった今、
 日本人の心である「もおもてなし」への回帰、「思いやり」と「感謝」の心への拡散こそが、
 今の自己顕示意識向上、モラルの低下、人としてあり得ない犯罪、イジメ、引き籠り
 と言ったことが多く見られる社会環境をのイノベーションする数少ない手段の一つです。

 先年アメリカのオバマ大統領と日本の首相との会話に、日米のコーナーストーン(Cornerstone)「礎」
 をお互いの国として大切にして行こうという話があったそうです。
 私達はお客様へのもてなし接客する上においても、日本のコーナーストーン=「礎」、
 日本人としてのもてなしの心をいつも意識しておかなければならないと思います。

 私達にとって「礎」の一つはマナーの形と言われる「思い遣り」と「感謝」の心と「もてなし」です。
 もう一つの「礎」となる商品(飲食物)の製作者(製造・作成・調理者)と材料となる様々な物の
 生産者に対する「感謝の心」は決して忘れてはいけない大切な「礎」です。

 以前のことですが、懐石料理のお店を数年間に渡りご指導させて戴きました。
 その時に、料理人の方から、お店の雰囲気≒造作、食器備品などの由来や知識、
 お客様をお迎えする装飾品やお花、料理の原材料となるもの生産地、様々な調味料など
 全ての「礎」となるものへの「感謝の心」を意識することが大切だと気付かされました。
 当然のことながら調理をなさる方々の取組姿勢や技術の大事さも同時に知らされました。

 この様なもう一つの「礎」を深く知ることで、お客様に直に接客し、飲食物を提供する
 もてなしや接客係として、役割の大切さ、重さを改めて認識させられました。
 料理の達人と呼ばれる調理人達は、必ずと言っていいくらい生産地へ赴き、
 生産者の方々に直接労いと感謝の心を表わし、伝えるそうです。
 生産者にとっては、その「感謝の心」と活動がより良い材料を作り出すため
 生産者の心のエネルギーとなり、結果として美味しい原材料を作る源になっています。

 この二つの「礎」を知り、身に着けることはおもてなし接客の場に根ざしているのです。
 以上をまとめると、大切なお客様へあなたの接客はお店の全員を代表して接しているだけなく、
 上記した様々なCornerstone「礎」石がありその重さを強く自覚して行うことこそ大切です。
 それは、お客様に素晴らしいおもてなしや多くの感動、いつまでも心に残る余韻を味わって頂く源です。
 同時にそれは店舗の経営にも働く人の心の育成にも大きな力を発揮します。

 2.企業の礎、人と心を人源力と称す=Humane Cornerstone

 人が源、即ち『人源力』と捉え、これを見直し、人間力をアップすることの大切さを理解認識する。
 豊かな情報に満ち溢れ、市場が成熟し、顧客一人ひとりが、市場の主導権を握り、
 店舗や企業が顧客に選ばれる時代になりました。
 また、顧客夫々の人的付加価値に対する知識や意識が豊かになり、数年前迄のマナーレベルを
 基準にした「当たり前」をいつまでも引きずっていては充分な顧客満足に応えられない現況です。

 現在の企業に於ける店舗や組織の利益の源は、独創性(ブランド力)のある商品力と人源力です。
 サービス業では「おもてなし、サービス(接客、接遇)のクオリティの高さ」と言えます。
  (注)『人源力』は店舗・企業の成長や繁栄の源は、≪人≫であると捉えること。

 この商品力と人源力のどちらを優先させるかは、営業スタイルや業種によって様々です。
 目先の利益を追求する店舗や会社の殆どは、商品力を優先させがちです。

 現在適正な利益を生み、成長し続けている店舗や会社は、人源力を重視し、
 人財と捉えて『人源力』である人財の育成に力を注いでいます。
 このような会社や店舗は、日々の営業を司り、商品(ブランド)開発・開拓をし、販売するのも「人」
 であると捉え、夫々のスタッフが強い意思と信念を持ち、どのような状況や環境にも
 対応・対処出来る人(人源力)創りに力を注ぎ、人財育成をしていると考えられます。

 成長し繁栄している店舗会社は、的確なビジョン(or理念)を持ち、
 個々の目標や課題に向けての具体的な計画が実施されています。

 同時にスタッフに対し、情報の共有や伝達が円滑になされ、
 定期的・定量的な解り易い評価があり、明確な評価がフィードバックかなされ
 夫々に合った目標や課題点を最優先として取組んでいます。

 その一方では、顧客目線(客観性)を重んじ外部(顧客やスタッフ)のモニタリングを実施し、
 その上で店舗や職場風土を洗い出すためのリスクアセスメントを実施し、
 得られた結果に基づき、スタッフ一人ひとりに自覚させ、改善行動をしています。
 成長繁栄の為、心豊かな人創りの為にも、職場の『人源力』について見直してみましょう。

 3. 「大切な人の大切を大切にする」

 全ては「大切な人」と捉え、思う心から!

 相手を大切にすること、思うことは生きていく上でなくてはならない「心」です。
 人として生活する家庭、会社などあらゆる場で必要と言えます。
 「大切な人の大切・・・・・を大切にする」することは人と企業の成長には欠かせません。

 人を大切にすることは人としての「思い遣り」「感謝」「誠実」などの言葉や行動に現れます。
 日常生活のマナー、ビジネスマナー、接客マナー、C.S.などの「源」「礎」と言えます。

 特に相手を大切に思う「思いやり」は全ての「マナー」の原点でもあります。
 あらゆる「マナー」はどうして必要なのかを考えてみると、其処には相手に対しての様々な
 気遣いをするための、目配り、気配り、心配りが基本的な要素となります。
 もてなしや接客から沢山の人との触合いにより、この様な要素の具体的に学ぶことが出来ます。
 日々の生活、会社、職場、友人や仲間、もてなしむや接客をしたお客様から
 「大切な人」に対する多くの学びや沢山の知識、知恵、心を育む体験が得られます。

 この様な目線や意識で生活する事は心を豊かにし「幸せを掴む」為の手近な近道と言えます。
 そして、感動や感激を始め様々な感情を味わいながら人は成長して行きます。
 「マナー」=「思いやり」は「大切な人」に対する意識や心を育むのです。

 特にお客様から多くの教えや学び、感動を頂けるおもてなしや接客、営業の業界で
 働く方々には計り知れない多くのチャンスがあります。

 このことに気付くか否かで、その人の生き方や企業の成長に大きく影響します。
 本気で【大切な人を思う心】、「大切な人の大切を 大切にする」に確り目を向けることです。
 きっと、そこから今迄に味わえなかった新しい世界が開け見えて来ます。

 『大切な人の、大切な〇〇〇を、大切にする』

 あなたなら、〇〇〇にどんな言葉を思い浮かべ、どんな文言を入れますか?
 言葉の数や種類が多いほど、大切な人への豊かな思いやりの心がある人です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3255-1b2863d2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック