FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssと戦いましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。



 日本人の「心の軸」和紙

 」「」「」「」「」の心を知る

 今の日本の社会は「もてなし」の「モノ」と「コト」を組合せた様々なビジネスや集会が
 主流になりつつあることは≪おもてなし≫の拡散のためにとても良いことだと思います。

 このような活動家やビジネスマンの中に、日本人らしい「」と「」より自己都合(損得)や
 自己顕示活動が多く見られるのはIT時代だから、それだけでは済まされないと考えます。

 例えば、
 マナー(儀作法)やおもてなしなどに対人関係やもてなし・接客ついて、
 多くの人たちを教育・指導する職位或いは教師・講師の立場でありながら
 心の基礎となる「」「」「」「」「」といったことの本質を解出来ず、
 
 又は、その大切さ必要性を感じていないのか、
 今までのキャリアや実績、自らの見識で足りると考えてか、
 生活のための手段、面前の情や損得で活動している人、
 自分の発した言葉の重さ、責任を自覚せず回りからの目や思惑ばかり優先し思考する人、
 自己開示せず人と円滑な関係ばかり(善い人・いい人で居たい)を意識して活動する人、
 といった人間の欲・煩悩が見え隠れする人が少なからず居ることは否めません。

 こういった人たちが良いとか悪いとか、ダメだと言っているのではなく
 少なくとも人の心を導く人であれば、世界中が賞賛する国に生まれたこと、
 即ち、自分達は【日本に生まれた日本人である】という意識(心)
 (≒日本の武士,仁の徳観念節,人のの道)
 といったことは知識として解しておくべきではないでしょうか。

 人を導き、育む人も「」「」「道」「道=」を祖先から受け継ぐ日本人である
 先の大戦など犠牲になった様々な英霊や多くの祖先によって今こうして生きていられる、
 という意識を再認識する社会環境である、とあくまでも私見ながら思います。

 私は、面前の私利私欲、煩悩に負け刹那な行動に走ってしまった情けない時期もありました。
 一方で他者の強い力に負けてしまい、落ち込み、騙され、裏切られたこともあります。
 今更、自分のしてしまったことを後悔するよりもその様々な体験から得られた気付き、
 学びがこれから日本を牽引する皆様に少しでも役立てばと考えこうして書いています。


 現代社会は、古より日本人の心とされる「を以って尊しと成す」の精神とその活動で、
 人と人との「和」(=調和)や繋がりを強めて行かなければならない社会となりました。

 現代に生きる私達にとって“和”“”とは、どんな行動でしょうか?

 貴方にとっての“和”“義”とは、どんな行動、どんな生き方なのでしょう?


 「義」と言えば、戦国武将「上杉謙信」「直江兼続」が思い浮かびます。
 謙信は、家臣の直江兼続に『天下を取ることなどは小事に過ぎず、
 それよりも「義」を貫いて生きることの方が大事』と話しことは知られています。
 
 過去、日本では、弱者(貧しい者)を平気で切り捨て「勝ち組」とか「負け組」だとか
 回りの人々が騒ぎ立てた過去の時代もありました。

 時に、人は人に支えられている「人」の文字の心を忘れ、他人に対し根拠のない自己判断で、
 あいつは「凄い」・「ダメな奴だ」、「勝った」・「負けた」、などの批判批評を平気で言え、
 自分だけが満足し、幸せでいいなんて言う利己的な個の意識には違和感を覚えます。
 勝ち負けに関わらず、人を思いやる心、正しいことをして堂々と胸を張って生きる、
 それこそが本当の勝者、幸福せ者だと思います。
 このような生き方をしてこそ、人は生きている幸せを感じることができると信じます。

 さて、現代社会は、弱者が人々や社会から追い詰められ、自ら命を絶つ人も出ています。
 このような社会環境だからこそ、個々人の日本の心「和」「義」「」「道」「理=」の再認識や
 世界が認めている日本ならではの国民性、即ち日本人らしい体現活動が必要だと思います。

 厳しい少子高齢化社会に入った今、「和を以って尊しと成す」の日本人の心の原点、
 私達は「義」の精神を備え、真摯に自分と向き合いつつ、互いに切磋琢磨し、調和を図り、
 他人をサポートし、人を育て、未来に希望の光を灯せるように生きなければなりません。


 一人でも多くの日本人が「和」と「義」、人の「道」の心を弁え、「礼」を尽くし、他人を想い、
 人を思いやり、権力や利害関係に左右されず、正しいと信じることに迷わず突き進んだ
 「謙信「や「兼続」のような堂々とした生き方が出来る日本の社会に成ればよいと思います。

※和・礼・義・道などの解説

「和」の国“日本人の三つの心”和紙

〇「和」についてはこちらを御覧下さい。「和」の心・日本のもてなしの心

〇「礼」己を謙遜し、相手を尊び敬い、自らの行いを丁寧にすることを「礼」と言います。
「礼」を其の場、其の時に即し、状況に応じて自らの行動が出来るよう弁える事を「節」と言います。
この「礼節」があってこそ、初めて一人前の社会人と言えます。
また、「礼」を表す際、忘れてはならないことに「義」≒義理があります。

〇「義」は、義理・恩義・道義・大義・義務などと言われ正しい行いを守ることで、
人間の欲望の「利」と対立する概念で、「礼」とは「礼儀作法」のこと、
今流に言うと「礼儀」は「マナー」「エチケット」であり、「作法」は「ルール」と言ったことであると解します。

◇【義理】(出典goo辞書)
 (1)物事の正しい道。人間の踏み行うべき正しい道。道理。〇
 (2)対人関係や社会関係の中で、守るべき道理として意識されたもの。道義。
 (3)他人との交際上やむを得ずしなければならないこと。
 (4)意味。わけ。
 (5)直接血縁関係のない者の間にある、血縁同様の関係。
 (以上出典より転載終わり)
 古より『義理と人情とやせ我慢』という諺があります。
 義理と言うのは、実社会における規範性、法規制、規律性の要素が強いものです。
 一般には日本の社会において、社交上、礼儀を以て旨とする行動規範を指したものです。
 冠婚葬祭などの場に於いては義理を欠く事の無い様、各地域に合わせた礼節に基づく
 義理の行為が執り行われる事が多いとされます。
 一方、本心はやりたくないけれども、仕方なく行わざるを得ない事を意味します。
 義理チョコの言葉は、こうしたニュアンスが強く表れています。

〇「道」(人の道)人か命を授かり生まれ、そして生きるためにはこの世で果たすべき役目があり
 そのために人それぞれの歩む「道」が有り、与えられます。
 人は地位や境遇を自分本来の道と心得て適切な行動をし、
 順境や逆境、いかなる境遇にあっても、命の大切さを知り、
 その主座を保つことであると受止めております。

 地位や名誉が得られないことを思い煩うのでなく、
 その地位に立つに足りる実力を備えているかを
 気にかけると共に素直に省みるべきであり、
 自分の力が及ばす他人に認められないことを嘆かず、
 人として人に認められるだけのことに日々努め、
 夫々の人格や能力を養わなければなりません。
 周りに才能に秀で、魅力に溢れている人がいようと、
 己と比べず真摯に受け止め、落込むことなく、
 自らが信じた道を一歩ずつ歩んで行くしかないのです。
 そして、他人になんと言われようが正しいと信じた道を愚直に進むしかありません。
 いかなる状況にあろうとも、腹を据えて、
 自分に与えられた「今」を生きていくしかありません。




関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)