#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 和の#Nippon人力-断る勇気

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

 #Nippon人力の体得-「断る勇気

  お薦め度【★★★★】全業種、業態用

 Nippon人力
 ※【#Nippon人力

 世界中から賞賛されている#Nippon人ならではの♥心♥を言い表す自作の語です。

 古より多くの日本人は、他人の思惑を気にし過ぎ、
 気遣うばかりに断ることが苦手な人が多いように思えます。
 これは昔から、曖昧さを美徳としている日本の国民性に依ることかも知れません。
 日本人ならでは特質は、自己主張が苦手でまず相手ありきを考え、
 相手が居るから自分が在るという感謝の気持ちを伝え、
 その場その時の空気をいち早く察知し、それに合わせた活動をする。

 同時に、回りの人や相手の気持ちを慮る(モンバカル)=思いやる気持ちを
 さり気ない活動や何気ない気配りを以って接すると言われています。

 今の日本では、、何事も差し障りなく無難に過ごせるよう人の摩擦を極力避け、
 また結果や結論、答を先延ばしにしたり、曖昧にしたりする風潮があると感じます。
 いつまでもこの様な「いい人」や答えを曖昧にすることを続けていると、
 人(特に上に立つ者)は、主体性薄れ、その人の言葉や態度に重みが無くなり
 社会的な信頼を欠くことになり兼ねません。

 その結果、曖昧さを適度に生かしながら自己事情や自己保身を優先し、
 適当な調子の良い返事、その場凌ぎの判断や決定、
 決断すると言った公私に渡る弊害も出るように思えます。

 結果として自利となる「断る勇気」は社会生活や仕事上での
 対人関係や交渉の場などに於いて、人として必要とされる
 「心の体力」のひとつである自己認識力であると考えます。

 自らの意思を「イエス・ノー」や「判らない」と明確に表現伝達することは、
 人としての「」と「」であり「責任」であると思います。

 色々な仕事をテキパキとこなしてしまう姿は、傍から見ていても確かに恰好が良いものです。
 しかし、己の限界を超えた仕事や出来ないことまで総て引き受けてしまい、
 その結果信望を失うことにもなり兼ねません。

 皆さんは、断る時“勇気”がいると感じたことがありませんか?

 「断る勇気」があれば、必ず本物の信頼、信望が生まれ、その人の知才も成長します。

 相手への思いやりであり、自利でもある「断る勇気」を備え持つ人は、友達や他者、
 クライアントからの依頼やお願い、要望に対して、「いつもこちらの思い通りになる人」
 「いい人、都合の良い便利な人」などと言われることや相手の思惑などのを恐れず、
 笑ってごまかす、其の場凌ぎの「Yes」と安請け合いは決してしません。

 また、「断る勇気」が持てないと、人としても、仕事上でも本当の信頼は得られません。
 この「断る勇気」には、対象となる相手への思いや意識の重軽と言った心の姿勢が現れます。
 そして、その人の人物・人格、企業人としての人望や信望を表す為に必須とされるスキルです。
 同時に、その人の人物や相手への思いが現れることには「連絡」「通知」「報告」などもあります。

 現在の社会環境は、一昔前の三年要したことが一年で出来てしまうような
 様々な豊か過ぎる情報に満ち溢れ、物事や答えを曖昧にしてしまうと、
 結果として人望や信頼を失うばかりか、人との御縁や繋がり、
 或はビジネスチャンスを掴めなかったりする場合があります。

 其の一つが、一昨年の震災後の政治家や震災復興に関わる様々な企業にも見られたように、
 其の場さえよければと考え、自分勝手な判断で目先の損得意識(利己・保身意識)を考え、
 利己とも言える自らの利益に繋がる人や物事に対しては曖昧にすることなく接したり、
 場合によっては自分の安心安全の為に物事を曖昧にしたりする言ったことが見受けられました。

 また、損得ばかり考えて目先の利益の得られない人、
 他者の為に様々な貢献をしている人に対し、
 その人達の問いや依頼されたことなどを曖昧どころか、全く無視する場面も多々見られました。

 同時にこの様な人達に共通して言えることは、
 「いい人至上主義」の傾向があると共に、自分自身の感情、
 或は人間の欲(煩悩)を優先し思考することだと思われます。

 では、こう言ったことを少なくし、無くする為には、一体どうしたら良いのでしょうか?


〇断る勇気を備える!

1.己の技量を正しく自覚認識する
2.周りの人々に支えられている意識を常に忘れない
3.断ることも、相手への思い遣りだと強く認識する
  (立場転換意識で思考する)
4.自分の事情や都合で勝手に判断決断しない
5.其の場凌ぎの態度、言動を避ける

6.調子の良いと思われそうな言動に気を付ける
7.私利我欲を捨てる
8.利他を意識し、相手の為に断る勇気を育む
9.断ることは「感謝すること」と意識する
10.様々な「ものさし」を正確にする為に、自らの「ものさし」の精度を上げる

11.適切な判断決断力を備え持つ
12.返事や物事を曖昧にしないで、白黒をハッキリさせる癖を付ける
13.要らぬ誤解を生むことのないように、自分自身の言葉や態度に気を付ける
14.信用・信頼の源だと意識する
15.損得や感情で人や物事を判断しない

16.自らの信念、信条を貫き通す
17.断る勇気は愛情の表現のであると心する
18.自信を持って出来ないと言える
19.断り方を工夫できる
20.相手の思いをいち早く察知する

21.対象者を見極める
22.人に対する情熱を持つ
23.相手を好き嫌いで判断しない
24.相手の思惑や器量を量らない
25.断ったことで去っていく人は、御縁がなかったとキッパリと諦める
・・・等々。


適正適切な状況判断の下に、上記したような意識で断る勇気を持ち、
相手に伝えることは自利利他と捉えると共に、
相手への思い遣り」から生まれることを確りと認識して置きましょう。
それは、人間としても、企業人としても果たさなければならない、
大切な「義務」「責任」のひとつだと認識することです。



関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3262-c4317191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック