FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。




 私達日本人の大半は、
 「人のが気になる人」
  「人の視線が気になる人」
  「人の思惑が気になる」
  と言っても過言ではないと思います。

 同時にこのような日本人の特質からも、
 自分自身に対する他者の見方、受け止め方
 即ち、意識・思惑を無意識に気にするのは当然です。

 最近はあまり使われなくなった、
  「外面(そとづら)と内面(うちづら)」
 と言った古から受け継がれている表現の仕方も、
 日本人が人のを気にする特質からだです。

 さて、見たや人の、第一印象と言うと、
 思い浮かぶのが「メラービアンの法則」です。

メラービアン1

 メラービアン氏は、第一印象を構成する要素は、
  1:見た目55%、2:声38%、3:言葉遣い7%
 の3つで構成され、夫々の比率と説いています。

 このことは、人付き合いに於いて「見た目」
 という要素が如何に大きいのかを説明しています。
 人との触合いに、見た目の身嗜みを大切にすること
 が好感を与える第一歩であると教えています。

 以上のことを踏まえ、現在の日本人の仕草を振返り、
 改めて見直し、よく考えなければならないことは、
 古から、日本人は世界に類ない独自の特質である、

  「見た目と人の視線を気にする」
  「人の思惑が気になる」
  「他者の心を気にする」


 とメラービアンの法則の関係です。

 上記した日本人の持つ特質から、
 私達は単純に他者の[見た目が55%]
 も占めるのだから、他者から見られる
 自分自身の様々な外面的な要素の向上、
 身に着ける物、持ち物などを気にすれば良い
 と考えてしまうのは仕方がないと思われます。
 これは世界中から、日本人はブランド嗜好が強い
 と言われる所以かも知れません。

 さて、メラービアン氏の説く身嗜みには、
 「心」と「身体」の二つがあると私は思います。
 先ず、手軽な「見た目」の身体に関連することを
 重視する傾向があるのではないでしょうか。

 身嗜みに最も大切なのは、
 その人の心の状態が如実に表れる
 ことを確り自覚認識しておくことです。

 心の身嗜みを疎かにしている人は、
 どんな素晴らしく高価な物を身に着け、
 自らの顔や体が美しくなることにお金をかけても
 瞬時的なものになってしまいがちで
 本当の幸せを手に入れ難くなります。
 即ち虚像(虚飾)はいつの日か崩れると言うことです。

 本来の心の姿(≒本質)を「見た目」だけで
 判断することは極力避けた方が賢明です。
 「顔や身体の美しさ綺麗さだけでは、
  人との真の繋がりや結び付を作ることは出来ない」
 と言われていますが、男女間や水商売の場などで
 数多くその現実を実際に見聞き体験しました。
 人との結び付きや繋がりを継続維持させるには、
 どうしても自分自身の心の身嗜みが不可欠です。

 少子高齢化社会には入った現代社会で大切にすべきことは、
 日本人誰もが「心身の身嗜み」を認識し、現況を見直し、
 修正すべきことは改めることであると思います。

 報道によると、大震災や原発事故後変わったことは、
 「自分の為より、誰かの為に」と言う意識と、
 「豊かな当たり前の生活を見直す≒節約の大切さ
 であると見聞きします。

今後私達日本人が出来ることは、一人ひとりの国民が
 「日本の国と日本人の心のターニングポイント」を強く認識し、
 より良い方向付けをし、皆で力を一つにし、努力精進することであると考えます。

 メラービアンの法則の「見た目」を重要視することは
 もてなしや接客業、など様々な業種に於いて
  「人(顧客)の目」を意識した身嗜みや作法として、とても大切にされています。
 ところが、サービスの業界では「見た目」や「人の目」を意識し過ぎるばかり、
 外見ばかりを飾ったり、磨いたり、人の思惑を気にし過ぎる傾向が多々見られます。

 例えば、売上低下や業績が芳しくない場合などに、
 働くスタッフの心の育成や意識改革と言った
 「心の身嗜み」「心の体力創り」に経費を掛けず、
 制服やお店の外見と言った様な見た目だけを
  変えれば良い方向へ向かうと考えている
 経営者や責任者が多いのではないかと思われます。

 この考え方も、古くから人の目や見た目に拘って来た
 日本人の特性に依ることかも知れません。

 おもてなしの仕事をしている方々に多く見られる、
 「見た目」のエレガントさや素敵さを意識するばかりに、
 日本のおもてなしの心でもある自然な立ち振る舞いを
 行っていない場合が数多く見られるのも
 「人の目」を意識し過ぎる弊害と考えることが出来ます。

 日本人は、自分と他者の外見や地位を比較するのを好み、
 上下、優劣のランクを付けたがり、自分が周囲に比べて、
 上か下か、と言ったこと比べたがる特性を持っています。
 (←比較相対意識)

 と同時に、型や形に当て嵌めて物事を考えたり、
 捉えたり、行動したりすることも、日本人の「人の目」を
 意識することに依ると考えられ、その結果として
 皆がマニュアルに頼り過ぎる傾向があります。

 この「人の目」とは、自らの心が勝手に作り出した
 もう一人の自分「自分自身の影」のようなものであり、
 人が自分のことをどう考えているかというよりも、
 自分が自らをどう考えているかの方が近いと思います。

 人は誰でも、他者の自分に対する目や思惑を
 無意識の内に気にしてしまうのは当然です。
  「見栄を張ってしまう」のも
  「人の思惑が気になる
  ≒(相手に)嫌われている(のではないか)」
 などと思ってしまうのも、
  「少しぐらい気になっても良い平気だと」
 と捉えた方が賢明だと思います。
 要は「人の目や思惑が気にせず、
 気にし過ぎず、苦にしない
」ようにすることです。

 また、人に良く思われたい、悪く思われたくない、
 人は人、自分は自分と言うような狭い考え方は
 今迄の人様とのお付合いや色んなビジネスの体験から
 も良い結果は得られないと思います。

 何れにしても「人の目」は、人の考えではなく、
 自分自身の考え方だと思われます。
 自分自身の心(自らの心の中)で対処、
 処理出来るものではないでしょうか。

 サービス業界特に水商売では、
 自らのモチベーションを高める為に
 顧客の目線・思考(人の目)を意識した
 「見た目」に重きを置く方々が少なくありません。

 一方では、ホステスさんの自己満足や自分自身の色々な欲望から
  「人の目」「見た目」を意識し、お客様に接待する場合も多く見受けられます。

 しかし、お客様と絆や深い繋がりを持つ為の本当の魅力は
 【本人の心に存在する】ものであることを、
 今は少なくなってしまった夜の社交場と言われた銀座の会員制高級クラブで
 おもてなしをしたり、働いたりしながら貴重な体験として見聞きし味わいしました。

 サービス業、特に水商売やエステ、美容、ホテル旅館等では、
 お客様をもてなす為に必要とされるお客様の一人ひとりを
 もてなし『思い遣る心』から生まれる 「お客様の目(人の目)」、「見た目」
 を重視する意識が 大切なことだと考えます。


関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)