接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  自心を豊かにするサービス業

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

他人も自分も大切にしよう

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

 自他大切二分の一

 自分を大切にする事は、当然自分のためになります。
 他人を大切にすることも自分のためになることを知りましょう。

 自分を大切にすることは、二つの理由があります。
 一つ目は自分のため二つ目は他人のためです。

 他の人を大切にしていることは、結果として巡り巡って自分の為になります。

 自分のことを大切にすることばかり考えていた人は、
 誰かのことを大切に、幸せにすることを考えて活動していけば
 時間はかかりますが結果として自分の幸せに繋がります。

 諺で昔から情けは人の為ならず
と言われている諺です。

 言い方を変えれば、与えた愛は自分に戻るリターンI=愛です。

 また、善し悪しに関らず
 他者に何かをしたり、何かをされたり、
 人を動かしたりすることの二分の一は、自分の力と言えます。

 これを私的に二分の一の法則」としています。
 ※これには、自分の心に住む「強弱・善悪」二つの心も当て嵌まります。

 例えば政治家が国民に信頼され支持率が上り、
 逆に不注意な言動によって支持率が下る。
 ことはその政治家本人がそうさせていることと言えます。

 普段の生活、会社やお店で何かと言うと
 「人のせい」にしてしまうことが多々あります。
 その前に、まず自分自身を振り返ってみることが大事なことです。
 お客様が感じるおもてなしの心や感動も、
 接客する側から与えるばかりではなく、
 とてつもなく大きな感動や感謝を頂戴出来ます。

 こう言った様々な人の心との触れ合いは他の業種では味わえない
 おもてなしや接客サービス業だけの醍醐味であり自己啓発にも役立ちます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/3285-5a87694b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック