FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


「謙虚」(1) (謙虚さ)ってどんなこと?

 謙虚さを知ろう!

 お薦め度【★★★★】全業種、業態用
 謙虚な心和紙

 先日の選挙後、多くの政治家が「謙虚にする」と言っていますが、
 この言葉の持つ意味はいったいどんなことなのでしょうか?
 「謙虚」の“謙”の字は、下へ下へと遜る、の語彙を持ち、
 “虚”という字は、目に見えないバーチャルな物の総てを、
 自らが何もない状態から✚に受け入れることを指すと解します。
 詰り、謙虚は、自分のもの(主観)を何も持たないで、
 相手の言葉を総て素直に受け入れることですから、
 全部が✚に感じ取れて、自由な心に成れると言うことです。
 自分の持っていないもの(主観・意識)の心を開き、受容し、
 素直に受け入れられる人が最高に謙虚な人でないかと思います。
 謙虚さとは、触合う人に対して「思いやり」と「敬意」、
 「利他の心」を以って接し、物事や心の本質がどんなことか?
 を心から気付く為に必要とされる、心と身体の姿勢だと思います。

 一方謙遜は、目上の人、同輩に対して必要なばかりではなく、
 むしろ、年長者や目下の人に対する場合に必要であると思います。
 目上の人に対して下心があり、卑屈な人間は、
 目下に対して多くは傲慢に成り易いと思います。

  『実るほど頭を垂れる稲穂かな』 (日本の諺)
 実るほど頭を垂れる稲穂かな

 〇謙虚と謙遜は一対

 謙虚な人、謙遜出来る人と言うのは、
 思慮深く控えめで他人の意見や忠告を、
 真摯に受け止め、素直に受け入れられる人、
 即ち「直な心」を備えている人のことです。
 それは、日本人らしい「侘び寂び」を表す、
 何気ない気遣い、心遣い、自らが遜る慎ましさを備えた美徳で、
 それは自然と人を惹きつける魅力の一つとなります。
 実際にはこの「謙虚さ」を表す「謙遜する」の
 この二つの言葉を誤解している人が多いようです。

 低姿勢

 謙遜と言うのは、自分を卑下するのとは違います。
 よく謙虚過ぎた謙遜を言葉にする人がいます。

 例えば、自分の長所や魅力を褒められたのに全力で否定する人。
 褒めるという言葉の中には、勿論社交辞令もありますが、
 勿論本当にあなたの長所を褒めている人もいます。
 あなたがその言葉を全力で否定してしまうと、
 あなた自身は勿論、あなたを褒めた人も侮辱することになります。
 相手の言葉が社交辞令だろうと、心からの言葉であろうと、
 あなたを褒めたことには違いありません。
 
 では、どのような応対をすればいいのかと言えば、
 素直に「ありがとう」と感謝の心を伝えれば良いのです。
 勿論、和顔を意識した笑顔も添えてです。
 それが無理なら、せめて、相手に対し
 深く頷くような感じで伝えればよいのです。
 
 真の謙虚さ、即ち謙遜というのは、
 決して自分を卑下することだけではなくて、
 自分自身を素直に、そして正当に評価出来ることなのです。
 誰かに褒められたら、全力で否定せずに、「有難く」その言葉を受け止めましょう。
 相手を褒めたのに、機嫌を悪くされたら誰だって嫌な気分になります。
 褒められたことに感謝をし、更に頑張る人は、
 誰もが応援したくなりますし、また褒めたくもなります。

 【謙虚の対義語】
 ・単語 謙虚⇔横柄・高慢・傲慢
 ・意味 謙虚=へりくだって控えめなさまのこと。
       横柄=態度が大きく無遠慮なこと。
       高慢=高ぶって人を侮ること。
       傲慢=威勢を張って人を侮ること。

 【謙虚の同義語】
  遠慮がち/遠慮気味/控えめ/抑え気味/謹慎/遠慮
  控え目/恭謙/低姿勢/謙遜/卑下 /卑屈/謙譲


 真の謙虚さは

     自分の長所を正当に評価することであり、

         長所を総て否定することではない。


~ サミュエル・マイルズ(作家) ~


 「謙虚」な人って、どんな人?(具体例)に続く 
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)