FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


人間力って、変えられる?

「心」≒意識を変えられる

人間力変える5
 
私的なことですが、60代半ばまでは、多くの店舗や会社などで、
各職場でサービス業の現場にて、接客やもてなしなどの実務指導や教材作り、
また、ベンチャーや中小企業の社是・ビジョン、企業理念、テーマ、コンセプト、
給与規定類、営業指針や管理指導テキストや様々なチェックリストを作ったり、
それを実施するお手伝いをしたり、セミナー・講座などで色々な話をしたりして生きてきました。
その指導活動に伴い、職場の意識改革やスタッフの心を育むことも手掛けました。

顧みるに、50歳位まで、私個人は恥ずかしながら自らの「心」に無関心でした。
ですから、対外的な見た目パフォーマンスや恰好良さ、好感度アップばかりで
人として「大切な心」は伝えることも教えることもできませんでした。

これは、サービス業界で得た表面上の気持ちについての学びからか、
仕事上で触合うスタッフや管理指導者の人達の心の持ち方、
サービスの心を表現伝達する言葉の使い方、パフォーマンスのマナー
どうしたら上手くコミュニケーションが出来、お客様に好かれ愛されるか、
どのようなことをするとお客様の気持ちを掴む「おもてなし」が出来るか、
と言ったことなどばかりを教えたり指導しておりました。

情けない話ですが、私的にはその時の感情中心の刹那的な生き方をし、
同時に、見返りを意識し自利を優先した身勝手な自己中心的な活動、
「認められたい」意識が強くあり認められることを生き甲斐として生きてました。
そんな私でも、仕事を続けられたのは
心ある先輩方、知人、友人、など周りの人達に恵まれ支えて頂け
接客サービス」「おもてなし」の現場の体験があったからです。
人生の後半までは、このような生き方をして来てしまいしたが
ある時、教え子から「思いやりってどんなこと?」の一言から
人として自心の「思いやり」の大切さに気付かされました。

この強烈な心の気付きから、仏教め儒教の教えの資料や
心に関する書物、ネットなどから心の学びを始めました。

学びながら過去の自分の言行を思い出し、比喩しながら
あの時はこうすれば良かった」なとと自覚出来たことが多々あります。
それを思い出し、この「心の礎」のblogにも多方面から記しています。

※下図は、弱い心のダメ人間で、人でなしだった私の実体験からです。
人間力変える和枠

最近では、体験やの学びを元に、
コミュニケーションや人との繋がりが上手くできない方
婚活個性を生かした心の育成などについて
指導者や色々な方への個別アドバイスに役立っています。
その方達が変わって行く姿を、体験させて頂いております。
有難いことに、以下の文言の意を実感出来る場を頂いております。

人の喜び

さて、自分自身を含め、人の心≒人間力を変えることは言葉では安易ですが、
それを育て、変える、あらたな思考回路を加えるなどといった活動は、
人心や進む方向が異なるわけですから決して容易ではありません。

現実として実際に自らの心や人の心を動かすには、
本当の心(本質)を知り、認め、許し受入れるなどし、
それを実行に移し、顧み、補うなどの活動をするために
挫けない強い信念と意思、日々の努力と精進が必要です。

心理学者「ウィリアム・ジェームズ」の言葉に下記の素晴しい言葉があります。

こころ変る

この素晴しい言葉の前に、次の1.~10.迄に記したことが必要ではないかと思います。

1.モラル(倫理)を身に着ける(分別力)

2.社会のルールを知り、認識、修める

3.年齢や立場相当の判断決断力を身に付ける

4.自らの全てを顧み指差す

5.現在の自らの心とポジションを理解認識する

6.自らの邪心を許し、受入れる(自分に嘘をつかない)

7.自らの心の大小、ポジションに気付く

8.自心に足りない心を知り、認識し、育てる

9.揺るぎない自信を付ける


例)
 ・思いやりを学び知り身に着ける
 ・感謝を学び知り身に着ける
 ・奉仕の心を学び知り身に着ける
 ・信頼の心と活動を学び知る・・・・・など。

10.目標(夢)とそれに向かうプロセスを明確にし、意思決定する

例)
 ・大切な人と認め、意識する
 ・大切な人に対する、自分の心と心のポジションを確かめる
 ・大切な人のために、折に着け自らを指差す
 ・大切な人に対するために必要とされる、自らの心を育む
 ・大切な人に対する、自分自身を振り返り、内省する
 ・大切な人に対する、自ら心のあり方、言動と態度を認識する・・・・・など。

 この次に、有名なウィリアム・ジェームズ博士の言葉
「心が変われば、行動が変わる」が、続くことで博士の言葉がより生かされると思います。

また、以下のゴールデンサークルの図も思考活動に欠かせません。

ゴールデンサークル金枠付s1


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト



    Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback