FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


感謝は「人を動かす」! 

を動かされた感謝の活動 (研修での体験)

感動を生む「感謝」の力

感謝虹小

過去に行った研修の実体験からのことですが、
感謝の力の大きさと影響力を痛感しを動かされたことがあります。

それは、三日間に渡り新学卒者の研修をした時のこと、
初日の七時間に渡る長い研修が終了した時のことです、
受講した八人全員が、突然立ち上がり、気をつけの姿勢で
本日は、お疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。ありがとう御座いました。」
と明るい表情と大きな声で元気良く、最敬礼で感謝の気持ちを伝えてきました。
 
数々の研修をしてきましたが、こんな体験は始めてで、驚きました。

先ず、直感したことは
「よし、明日はこの人達の将来に役立つことを、もっと沢山伝えよう」、
そして、「みんなのために、全身全霊を以って本気で頑張ろう」
を大きく揺り動かされました。
2日目も、最終日も初日と同様に感謝をしっかり伝えてくれました。
当然ながら残私もりの2日間は気合が入り、
みんなと一体化した研修が出来たと感じました。
そして、その後の個々人のフォローやサポートにも力が入りました。

後日知ったのですが、研修の担当者で社内で
指導的立場の仕事(総務)の方が中になり、参加者に通達していたそうです。
その方は、現在独立し人財育成などの指導者として活躍されています。

研修時、何よりもに響き感ささせられたのは、
研修生自身の為に全員で感謝の表現をしたと聞いたからです。
この方はキッと、より良い研修が出来るように研修の成果が出るように
との総務の研修担当者の方の想いからの活動だった、と受け留めました。

彼は、対人関係に大切な感謝の大きな影響力を知り、
人の動かし方≫を会得していたのです。

感心したのは、実はこれだけではありません。
研修が終わった次の日、先ず総務の方から丁寧な感謝の挨拶の電話があり、
その翌日には総務の方、研修生みんなのメッセージが入ったメールが届きました。

そして数ヶ月程度経過した日に、みんなから近況報告と感謝の葉書が届きました。
その葉書は今でも「宝物」として、大切にとってあります。


感謝熟語小

★現代は、以前と異なり何でもメールで済ませてしまう時代だからこそ
感謝の心の伝達は、デジタルを用いた適時適切なメールは勿論のこと
リアルな【電話】【葉書・手紙】=自筆の文字で伝えてこそ生かされます。

【感謝の伝達法】

感謝 新111

その場で心を込めて伝える⇒後日電話(肉声)で⇒後日メール⇒後日葉書・手紙⇔《感謝の心を忘れないため》
と見返りを求めないことです。
「ありがとう」「有り難い」をうまく使い分けることも心得て置きましょう。

 【伝える方法とタイミングが大切です】

 そして、感謝を伝えた本人に、何らかの形で必ず返って来ると自覚しておくことです。
 感謝の心のキャッチボールは、正に「感謝は人の為ならず」です。

 心の篭った「感謝」の気持ちを表現伝達することは、
 プライベートにもビジネスにも必ず役立ちます。
 「感謝は、人を育て心を動かす」とも言えます。
 それは、社会で生き抜くために必要不可欠な気持ちと活動です。

 感謝は相手に求め、望むことではありません。
 こちらから積極的に示し表し、伝えることが大事です


 それは、伝える人の心の中に感謝の気持ちがあれば、
 自然と湧き出し、何らかの活動として表れことです


 感謝の伝え方に
 【自心の気持ちと個性、相手への心の位置が表れる】

 と言うこと、常に【見返りを求め望まないで表す】ことを自覚認識しておきましょう。

※デジタルのツールでは、「ありがとうございます」を単体で使わないこと、
 例えば、名前と組合せる、とか季語を入れることをお勧めします。

(参考)

非日常の事例ですが、一流おもてなしと言われる高級クラブのママや№1ホステスは、
どんなに忙しくてもお客様の姿が見えなくなるまで、手を振り、お辞儀をしています。
この行動は、「おもてなし」「人との出会いに感謝」の気持ちの表れと言えます。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback