FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


礼儀と行儀の違い?

礼儀作法」&現代社会の「恥の文化」-(2)

礼儀行儀3

礼儀作法と行儀

礼儀」は対人関係での気配りや敬意、
 慎みの気持ちに基づく行動の規範。

作法」は対人関係に限らず、
 礼儀にかなった一定の行動の仕方。


例えば
「年賀状をもらったら返事を出すのが礼儀だ」は「作法」では言えないし、
「お茶の作法を身に着ける」を「礼儀」とは言えません。

また、「作法」を知らないと言うことは単にその知識がない場合も多いですが、
「礼儀を知らない」では、常識に欠け、敬意や慎みの気持ちがないことを
批判や非難する意が含まれていると考えられるのではないでしょうか。

作法と類似の語に「行儀」や「」があります。
が良い子」「行儀正しい若者」
行儀の悪い子」「行儀よくすわっている」
などのように、挨拶や謝意、節度を弁えていること、
或いは、敬語や謙譲語などを正しく身に付けた
対人関係上の適切ながされた振る舞いが出来
礼儀に叶った立ち居の仕方が出来るといった意味で使われます。

礼儀・に必要なのはТPОに合った「敬意表現」(≒敬語力や態度)であり、
行儀に求められるのは「作法」と言われる適切な「正しい形」の修得とされる。

社会人として礼儀作法とマナー(思いやりの表現形)ですが
大切なことは、表現する際、どの人称で表すのか?という意識の持ち方です。

例) 「私が・・・・・・」は、「我」一人称で自己中心的な表現
   「私は・・・・・・」は、「和・輪」一~三人称で周りを含む表現
人称と我と輪



関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback