FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


“和顔和心”で触れ会いましょう!

和の心を和やかな顔を以って!

#令和の元号に因んで≪#和≫の心(語彙)を再認識しましょう。

日本の心として古より国民に周知されている
「和を以て貴しとなす」(聖徳太子)の文言があります。


和を以って尊し


※解説←学びのメモより
 人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事なことであるという教え。
 聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉。
 『礼記』には「礼は之和を以て貴しと為す」とある。

 」の精神とは、体裁だけ取り繕ったものではなく、
 自分にも人にも正直に、不満があればお互いにそれをぶつけ合い、
 理解し合うということが本質である意である。


以前接客の仕事での現場体験を思い出しながら、
この文言と日本の文化「」を照らし合わせ
四文字熟語和顔和心表しました。

和顔和心(ワガンワシン)
和顔和心2019

※自然で和やかな表情と和の心は、
  お客様や触れ合う人に優しく接する自心を育み
  豊かな対人関係に欠かせないコミュニケーション力を育て、
  人と人との繋がのを作るためにも大切だと思い作ってみました。

この熟語は、以下のような意味を持ちます。

和顔】 和やかで親しみのある優しい顔と眼の表情。

和心】 平らで和やかな心で人と調和し心和やかに生きる。日本(人)の文化と心。

≪和≫(=表す意)
  おだやか。のどか。ゆるやか。あたたか。「和気・柔和・温和・緩和」
    互いに気が合う。なかよくする。争わない。和(ア)える。→「人の和」

≪顔≫
  優しく親しみのある・感情が現れ・笑顔・心を現わす・眼に表れる・眉や口元

≪和≫(=心の意)
  やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか・あえる・互いに気が合う。仲良くする。 

≪心≫
  人の心・日本(人)の心・企業の心・物(商品・料理)の心・想像力

☆以下、愚作ながらエッセイ風にしました。

自心に都合よく嘘をつかず
偽らないで素直に表したいのです。

和やかで優しく親しみのある
素敵なお顔が見たいのです。

自然で和むお顔の人に逢いたいのです。
そしてまた、あなたの和顔を見たいのです。

自然に「和やかな表情」が出来るよう
自らの本当の心を知り、向き合い
自分の本質を認めたいのです。

いつも、人の心を和まし和える
和顔和心で触れ合いたいのです。。


★下の写真は、西新宿のお店で「和顔和心」を使って頂いているものです。

和顔 古武士
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback