FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


支えに感謝 「顧客(お客様)・従業員ファースト」の活動

「お客様ファースト」の心で

おもてなし&接客

店や会社を支えて下さる顧客・従業員ファーストの活動は
サービス業にかかわらずどんな業種でも大切にすべき心身の活動です。


そしてその活動は業態によって様々に変化して、提供されます。
基本は、お客様を思いやる心と商品・その人を引立てる様々なおもてなしの心と
実際にそれを表現伝達する各々の業態にマッチした
様々な感性豊かで個性のあふれる個々人のパフォーマンスです。

同時に、整理・整頓・清潔・清掃?習慣の「5S」、
目配り・気配り・心配り・身配り・手配りの「五配り」、
現場・現実・現況の夫々と確り向き合う「三現主義の活動」、
CS、ESの活動災害時の備えと言ったことも大切なことです。

また、業態別に対象となるお客様を定義しておくことも大事です。
現在に至るまでの日本のサービススタイルには、
海外のサービスと異なる日本人独自の感性が表れています。
それは、独自の四季や様々な伝統文化、
独自の食文化から多少なり影響を受けています。

そして現在迄の日本のサービスに、
多少なりおもてなしの心が生かされているのです。
ではどのような業態があるのでしょうか?

◆代表的なお客様を対象とするサービス業(接客・おもてなし)

・カフェ(コーヒーショップ)⇔フルサービス・セルフサービス
・飲食店(専門店・無国籍料理店・各国の料理店・エスニック料理店・ラーメン店)など
・飲食店(風俗店)
・和食店(食堂)
・ホテル(一般宿泊業)
・旅館(民宿)
・大衆酒場(焼き鳥・鮮魚など)
・物販店(家電量販店含・洋服・日用品など)
・スーパー(複合店)
・アウトレット店舗
・中古品販売店
・食品販売店(八百屋・生花・肉・パン・魚屋など)

各々の具体的な記述は、限りなくあるので省きました。

“私達を支えて下さる方々へ”

 顧客ファースト・従業員ファースト意識&「五原」を以って

何故-“現場” “現物” “現実” の実態を掴む必要かあるの?


五原」を以って、自分と自社の現場・現物・現実の当たり前を見直す


「五原」で“現場”“現物”“現実”

現代社会は、物凄い勢いで成長、進化し続けていますが、
今の日本社会では「人の心」がそれに追いつけない現状であると思われます。
現在の日本社会は、有り余る物と様々な知識や情報、また商品や店舗などに
関する溢れるばかりの様々な情報が簡単に手に入ります。

これからの少子高齢化社会、2050年問題として
世界から注目されている「ジャパンシンドローム」の環境に置かれている私達日本人にとって、
今後の厳しい社会環境を生き抜き、日本のアイデンテティをより強いものにして行くには、

当然ながら『モノ』である商品のクオリティアップ、ブランディングは必要ですが、
モノ」をどう使うかと言ったことや「モノ」を使う人の心を表わす『コト』、
即ち付加価値と知恵を使った日本独自の「おもてなし」で
他国と差別化を図らなければならいと考えます。

同時に「クールジャパン」と称され世界中から認められている
様々な日本独自の文化を全世界に発信して行く必要があると考えます。
最近は、日本独自の文化である「おもてなし」の再認識とホスピタリティの「おもてなし」に対する
意識や表現法などの取組みが世界の国々から注目を浴びています。

このような世界中からの期待や来たる2020年のオリンピックの為にも、
今迄の自分自身や自社(店舗)の「当たり前」や「常識」とされていることを、
“現場”“現物”“現実”と同時に、原義・原点=原点回帰・原因・原則・原理の
五つの要素で物事や現場を視ることもとても大事なことです。
そして、改めるべき点は改め、不足していることや知識などを補うことをお薦めします。

このような「当たり前」や「常識」を改めて見直すことにより会社や職場は勿論のこと、
個人としても、数々の改善点や気付きに繋げられます。
即ち、現地、現場、現実を見ずして、机に向かい思考しているだけでは、
現場での様々な問題点や改革・改善点は何も見えてきません。
従って三現主義五原により現状をより直視し、
その先に繋げると言う考え方であると解します。

三現主義“現実”“現場”“現物”を実施する為には、確りした「人間力」が不可欠です。
その「人間力」を以って現場で、現物を、現実的に視ることはどの様な職場でも大切です。

即ち、現在起きている事実の原因、今後想定されるであると思われる出来事の要因・要素を調査し、
それに関するあらゆる知識を得ると共に関連情報を集収し、
適切な判断と的確な施作を思考・討議した上で、適正適切な対処処置をすれば、
人(企業)と物に対する信頼や品質は向上するということです。

人は得てして直観や概念、今迄の体験からの【当たり前】、
常識で物事を視たり、判断したりしがちです。
冷静平等に自分自身や自社(自店舖)を顧客目線や現場で働く人、
社会全体の目線で見つめることも必要とされます。

別の考え方として、心技体三味一体(店・人・商品)の構成要素で
“現実”“現場”“現物”の夫々を一つひとつ細かく分析して行くと言うことです。


【五原】の要素の語彙と夫々の意味

【原義】その言葉が本来持っていた意味。元の意味。原意=もとの意味。本来の意味。

【原点】物事を考えるときの出発点。※原点回帰
    自分が原点であると思った場所に帰ること。初心に戻ること。

【原則≒法則】多くの場合に共通に適用される基本的な決り。
    顧客やクライアントの立場に立ち顧客目線・顧客意識で見たり考えたりすること。

【原理】事物・事象が依拠する根本法則。基本法則。
    様々な不の要素を引き起こすメカニズムや製造・販売条件、
    製造・販売環境などの多角的に機能を知り認識すること。

【原因】ある物事や、ある状態・変化を引き起こす元になること。また、その事柄。



    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト



    Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

    Comment

    Re: はじめまして 礎です

    コメントありがとうございます。

    今年からコメント頂いた方へ
    該当記事をお送りしています。

    必要な場合は、記事右の
    「問合せメール」でお知らせ下さい。




    > ランキングからきました!
    > おもてなしは、日本の良き文化だと思います。
    > 自分の常識にとらわれず、様々な視点から
    > 見ることができるとより充実するんですね。
    > 勉強になりました!

    • まー坊
    • URL
    はじめまして

    ランキングからきました!
    おもてなしは、日本の良き文化だと思います。
    自分の常識にとらわれず、様々な視点から
    見ることができるとより充実するんですね。
    勉強になりました!

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback