FC2ブログ

当サイトには、実体験と晩年の学びで得た「おもてなし接客&生き方の知恵」が載ってます。

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


生きるを楽しむ「知識と知恵」-誠実さ

「誠実さ」ってどんなこと?

社会人誠実真摯

誠実は、自分が正しいと信じていることや
相手への思いやり(利他心)の為に、
謙虚な真心と態度で他者と接し、
自分が確固とした「志」を備え、
同時に高い価値観を備え持つこと。

それは、他人の心を素直で謙虚な態度や言動を
自ら一度受け入れ認めることであり、
同時に、嘘偽りのない正直で真の心の活動をすること。
誠実な人の心は善良で徳を持ち、
その言行・態度は素直で嘘偽りのない
清らかな人生を送るために役立ちます。

誠実な言葉と行動が一致、
即ち「言行一致」している時、
貴方に素晴らしい存在感が生まれます。
そしてそれは、
自己保身や我欲・利己心がなく
また、自心に都合よい言訳をせず、
或いは弁解や騙し偽りのないことです。
一致

この「誠実さ」とは、【至誠】とも表され、
謙虚で「相手の信頼を、決して裏切らないこと」。

心の基礎体力-誠実

「誠実さ」って何?と質問をされたら、

『言うことや態度に嘘や偽りがない【≒真摯】』
とは直ぐに答えられるでしょう。
それ以外にも次のようなことがあります。

💗誠実な人-抜粋10

1.【寛容】謙虚な態度や何事も受け入れる素直な姿勢がある

2.【表裏一体】態度や言動、心に裏表がない

3.【言行一致】正直で発した言葉に責任を持ち、言ったことと行動が同じ

4.【真実一路】真実を徹底して貫いている

5.【感謝】些細なことでも心からの感謝を伝えられる

6.【誠心誠意】誠の心(真心)を備え人や物事に相対する

7.【平等】いつ誰に対しても、変わらない態度と礼節を持って接する

8.【礼節】態度や会話に礼節さ(けじめ)がある

9.【信頼】相手からの信用、信頼を決して裏切らない

10.【倫理観】モラル、ТPОに合ったマナー・礼儀を弁えている


この他にも誠実さを表わしていることが数多くあります。
さて、皆さんはこの「誠実さ」をどこで、どのようにして学びますか?

21世紀に入る迄は、
実体験の中から身に着けたり、本を読んだり、
人の背中を見たり、先輩や年長者から話を聴いたり
といったことをしながら受入れ身に着けてきました。

しかし、有り余る情報に溢れた現代社会でも、
この【心の基礎体力】の知識については一歩遅れを取り、
以前のままで放置され、意外と周知されていないように思えます。
スポーツでもそうですが、どんなことをする上でも
基礎を身に着けることは安易ではなく、楽しくもありません。

でも、スポーツ競技で素晴らしい成果や成績をあげ、
また、人間として成長し、心豊かで幸せを得るためには
夫々の基礎体力を身に着けなければ結果は残せません。

では、自らが上記した10項目などの誠実さの知識を
前以て知っていたらどうでしょうか?

プライベートやビジネス上で見知らぬ人との出会いや
余りお付合いのない人と触合う上で、
その人のこちらに対する意識やその人物を
いち早く知ることに繋がると思いませんか?

誠実さに限らず、思い遣り、立場転換や感謝などの
知識を予め備え持つことは豊かな対人関係力(コミュニケーション能力)
を育み築くコミュニケーションと心の【源】なのです。

このような知識を得、それを理解することで、
今迄見えなかったことや心の世界も見えてくる
と実際に見聞きし、自分でも体験して来ました。

私は、それを【心の基礎体力】であると考え、
時代の流れに合うように夫々の要素を確りと知り、
身に着けなければならないと思います。

大人のパワハラ・セクハラを始めとした様々なハラスメント、
親の子供への様々な体罰や陰湿ないじめ、引きこもりなどが
社会問題となっている現在、昔風な一方的に強制する
教え方や訓練の仕方では人は決して育ちません。
人を教え導き育て指導者や管理者・リーダー達といった

指導教育者
「先ず、認め、受入れ、共に学び考え、共に育つ意識と活動」

教わる側の者
「意志を明確にし、個々人が自発的に考え、行動する」

と言った意識と心を備え取組むことが必要不可欠だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback