FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルス感謝s
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssと戦いましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


パーラーホールスタッフ実務テキスト[5]

パーラーホールスタッフ実務テキスト[5] (サンプル)
この実務テキストは[1] ~[5]です。

このホールスタッフ実務テキストはマニュアルと要点を記したものです。
飲食店など、他の業種の方にも参考になりますので御覧下さい。


■お願い・注意・禁止事項
▲印はお願い・注意・の禁止事項 *印=対応例

※最初に必ず「申し訳ございません」「恐れ入ります」などのクッション言葉を使用する事!

▲台のかけもち遊技
お客様一名で複数の台を遊戯したりキープしたりすること
*「申し訳ございませんが、かけもち遊技は禁止となっておりますので、お辞め頂けますか」

▲台のキープ
友人、知人など後から来るお客様に台をとっておくこと
*「申し訳ございませんが、台のキープは禁止となっておりますので、お辞め頂けますか」

▲18歳未満、子供連れの遊技
法律で禁止(身分証明の提示を求める場合あり)
判断が難しいので18歳未満かなと思ったら先輩スタッフ役職者に報告

▲店内での飲酒
スタッフとのトラブルになったり、他のお客様に迷惑となるため
*「申し訳ございませんが、店内での飲酒は禁止となっておりますので、お辞め下さい」

▲台を叩いたり揺すったり
台の故障の原因になり他のお客様に迷惑となるため
*「申し訳ございませんが、故障の原因になり、他のお客様のご迷惑ともなりますので」
「お辞め頂けますか」「「ご協力お願い致します」

▲玉、メタルの売買
法律で禁止(店側もお客様に玉、メタルは貸出している)
*「申し訳ございませんが、玉(メタル)の売買は法律で禁止となっておりますので、お止め頂けますか」

▲手放し遊技(アース行為)
組合、警察の指導によるものですが、店側にも遊戯態度悪化かけもち遊技等の防止になる
*「申し訳ございませんが、アース行為は禁止となっておりますので、お辞め頂けますか」

▲島通路内での立ち見、立ち話
他のお客様にご迷惑、スタッフサービスの妨げとなる為
*「申し訳ございませんが、お客様へのサービスの妨げとなり、また他のお客様のご迷惑になりますので休憩スペースでお待ち頂けますよう、ご協力をお願い致します」

▲遊技しないお客様の空台の着席
他のお客様にご迷惑、スタッフサービスの妨げとなる為
*「申し訳ございませんが、後から来るお客様が遊技台を選ぶ際にご迷惑となりますので」
「休憩スペースでお待ち頂けますよう、ご協力をお願い致します」

▲玉、メタルを拾う行為(お客様のではないのに)
他のお客様にご迷惑、取得物横領罪?
判断が難しいので先輩スタッフに報告(相談)
※再三注意しても聞き入れて頂けないお客様の場合は先輩スタッフに報告(相談)する
※お客様からクレーム等があった時は報告(相談)する

▲放置台
スタッフに断り無く・・分以上、台を離れること。
掛け持ち、台のキープ、お客様が帰られている可能性あり
判断が難しいので先輩スタッフに報告
基本的には発見・・分後、店内放送で呼出し(インカムで依頼)5分後回収(カウンター預り)
(他のお客様からクレームが入った時はイスを触って冷たければ即呼出す)

▲食事休憩
食事札発行時間は00:00~00:00まで
食事時間は・・分間(連続発行は出来ません)
お客様に食事と言われたら「はい、かしこまりました。休憩時間は・・分となっております。
現金貴重品はお持ち下さいませ。お戻りになりましたら、こちらの呼出しランプを押して
お待ち下さいませ」と伝え、お客様に確認する
食事札はガラス内面、リモコンでランプセット、カバーは玉箱へかける
食事時間オーバーの場合は・・分後店内放送で呼出し(インカムで依頼)
・・分後回収(カウンター預り)事前に連絡ある場合は役職者に報告

▲途中交換を禁止している店舗の場合
持玉を一部(何箱か)交換すること
*「申し訳ございませんが、途中交換はご遠慮下さい。ご協力お願い致します」

☆マイクアナウンス時の心がけ

内容を理解し、一言ひと言をゆっくりハッキリ 心をこめて話しましょう。
マイクの先には、何百人ものお客様がいらっしゃいます。
一人ひとり人のお客様に語りかけるつもりで、何を伝えたいのか要点をはっきりとさせ、
聞き易い放送を心がけましょう。

☆インカム使用時の心がけ

スタッフ間でも勤務中は敬語を使い、名前は「さん」付けしましょう。
マイクアナウンスと同じで、何を伝えたいのか要点をはっきりとさせ、一度で伝わるような
話し方を心がけましょう。
また、「はい」「了解しました」などの返事もチームワークに大切なことです。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback