FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


実社会で生抜く知恵-#言葉 と #態度

~あなたの心の現れ~
#言葉の使い方& #態度


“言葉は使う人の魅力となり好印象の元に成るが

 一方相手の心を傷つけ苦しめる凶器にもなる”


心のこもった言葉

言行にその人の「心」と「心の位置」の表れ
※言行=言葉・態度・表情・動作・マナー

言葉の使い方(ニュアンスの大切さ)
言葉から受けるニュアンスの持つ意味を予め知っておくことも大切な人への思い遣りです。
心の篭った言葉と態度、行動が伴ってこそ、相手の心に感動や素敵な余韻を残します。

言葉使いの辞書解説も引用します。(goo辞書より)
1 言葉などの微妙な意味合い。また、言外に表された話し手の意図。「発言の―を汲む」
2 色彩・音色などの微妙な差異。「細かいグラデーションで―を出す」


言葉遣いや会話から察知出来ること
話し方、声の大小、言葉の使い方から、
相手の心身の健康状態、心のホジションが察知出来る。
相手の自分への意識が察知出来る(解る)
挨拶時、会話時の言葉から察知する。

自分の言葉


イ)心と身体の身嗜み 
心と体の健康状態や自分に対する心の姿勢態度、声の大小、
スピート(勢い)、強弱など相手への言葉の使い方、伝え方に微妙に影響し現れる。

ロ)取組意欲・姿勢態度
相手の状況を察知し、積極的に行動しよう
とする心(意欲)の表れが、言葉や態度に反映する。

(例)
☆ 約束事や約束した時間は守る
※「時間」は、触合う相手や大切な人を思う「思いやる心」の【ものさし】であると同時に、
 人としての「真摯さ」「誠実さ」を計れる【ものさし】のひとつ。

☆ 言葉の選択、口調に表れる。
☆ 会話時の傾聴姿勢に心や意識が表れる。

☆ 挨拶の言葉や態度に表れる。
☆ 目付き(眼力)に現れる。
☆ 顎の角度に現れる。

☆ 五感を集中し、全身で傾聴する。(真摯で謙虚な姿勢と態度に表れる)
☆ 座り方の浅い深いに、相手への心の位置が現れる。
☆ 腕組みは、自分を振返り指差す為、自己防衛や相手との遮断、己の心を守るため。

☆ 足組みに自己顕示、相手への心の位置が現れる。
☆ 手先、足先(膝)を揃えて会話する。
☆ 特に目上の方に対しては、先に着席しない。
☆ 貧乏ゆすりは、相手に不快感を与える。

ハ)信念とプライド
言葉の使い方と口調に、心と生き様、仕事に対する心の姿勢
取組姿勢や信念、自信とプライド(誇り)が出る。

ニ)協調性
周囲の人々やお客様への思い遣り≒協調性(触れ合い)が微妙に出る。

ホ)調和・自己主張・顕示
文や会話時の間接語「が=我」と「わ=輪・和」の言葉には自らの心の位置が表れる。

  「私は(輪・和)・・・・・と思う」≒利他(思いやり)
  「私が(我)・・・・・と思う」≒利己(自己主張)

ヘ)教養度・信頼度(≒常識・モラル)
マナー「思い遣りの形」が本物か、信頼出来る人か
と言ったことが言葉や所作から読み取れる。

ト)個性
本人のアイデンティティーやパーソナリティ、人格形成の度合いが滲み出る。
日々触合う人、お客様や大切な人への、言葉と態度に、様々なニュアンスを与える。

チ)使うことを避けたい言葉(目上や年長者の方へ)

「そうかも」又は「かも知れない」(≒自分主体)
「考えておきます」(≒自分主体)
「してあげる」(≒自分主体)
「そうですかね~」(≒自分主体)
「参考にします」(≒自利・利己・上目線)の言葉は決して使わない
「本物ですね」(≒目上や年長者に自己規準は不適切)
※曖昧な言葉遣いは無礼であり、不信の元に成ると常に自覚する
※公、仕事(ON)とプライベート(OFF)のけじめをつけて言葉を選び会話する(≒態度も重要)

参考)
電話の不在着信・メールのレスを返す時間に、意識や心が表れる
電話への不在着信・メールのレスは、後回しにせず、出来る限り早くひと言でも返す。
(レスポンスに一分の時間を作ることは、信用を作るor心の意識の位置が解る=察知出る)

言葉5
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback