FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


表裏一体?#外面(#ソトヅラ)と#内面(#ウチヅラ)

人の持つ内面(顔)と外面(顔)?

外(対外・対人)への自分と内なる(内面≒内心)自分の統一出来る?

 (本質・本性・実質・虚偽・虚飾・虚像)

外面⇔内面表裏一体
内づら⇔外づら

人の「」(外)の顔と「」(内)の顔について載せます。

外面と内面が一緒(統一)であることは
感情を持つ人には簡単にできませんし
体験からも他人の性格や能力は、
外見だけでは容易に判断出来ません。
実体験なしでは何事も本当の本質や心は解り兼ねますし
何も体験して実際に肌で感じとらないことなくして、
物や人の批判や評価するべきではないと思います。

現代社会は、他者の目思惑を気にし過ぎるばかり、己の本質を偽り
日本人の心と言われる「侘び寂び」の心を失い、虚飾や虚像と考えられる
自分自身の外見や顔つきに似合わない作り笑顔だったり
受け売りの対人テクニックを優先し身に着けたがる傾向があります。

最初は「素敵」に見え、着飾り本質を偽ったとしても
数ヶ月経てば虚飾や虚像の中身は露見してしまうものです。
その結果、大切な人を失ってしまう体験をしましたし
他人の様々な行為の事例を無数に見てきました。

口ではお世辞を言うのに内心では人を馬鹿にしていたり、
外では道徳の大切さを話すけど自分は道徳に従わなかったり、
自分の家は汚いのに他人の家の汚さの文句を言ったり
他人には優しいのに家族には威張っている、
といったことの経験は少なからずあるのではないでしょうか?

人間として表と裏の食い違いがあること事態は当然ですが、
吟味しなでそのギャップを大きくしてしまうのは良くありません。

何かをする時に、言行不一致と言われている、
思っていたり、言っていたりすることと、
実際に行動していることって結構違う場合があります。

また、他人を見る時の基準と自分を見る時の基準が
多少なり変わってしまうことも時々あります。
文章を書く時にも、よく認識しないこや思ってもないことや
その時その場の思いつきで書いていてしまうことも多々あります。

相手によって多少なり外面と内面が違って感じられるのは
人間てある証であるとも考えられ仕方ないことかもしれません。
場所に合せて、外面を変えないといけない場合もあるので
外面を気にしてはいけないと一概には言いきれません。

自らの心が変な暴走をしないように防ぐためにも、
内面と外面は少なくとも違っているということは
いつも意識しておいた方が良いと思われます。

例えば外面の良い人々に共通するのは、
外面の良い人々に共通する角1
・・・などがあります。

自らの心が変な暴走をしないように防ぐためにも、
内面と外面は少なくとも違っているということを
意識しておいた方が良いと思われます。
そのために、自分自身の本当の姿と向き合い、
素直にそれを認め受入れることです。

ではどんな自分を知り、どう向き合えば良いのか?
は以下に載せます。 


自分を知り、それと向き合う112

といったことがあげられると思います。


【意味】辞書検索
外面(ソトヅラ)。物の外側の面。がいめん。他人との応対などに見せる顔つきや態度。

内面(ウチヅラ)。 家族や内輪の人に対する顔つきや態度。物の内部。内側。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback