FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


『#ひと言』に心を!

ひと言の種類と話し方と心得


ひと言に心が現れる

日常生活での挨拶・会話などのちょっとしたひと言に
あなたの人柄が表れることを意識しましょう。

話し、伝える時の留意点

1.母音の発音(発声)
2.イントネーション(抑揚)
3.強弱(大小)
4.口調(優しい・強いなど)
5.腹式発声・口頭発声
6.間とブレス
7.目線と眼付き  
8.表情
9.お辞儀
10.姿勢・態度(手足の位置と動作)

その時の環境、接客やもてなしの場、仕事上の会話では
上記項目を下記の「ひと言」夫々状況に当て嵌めて
職種・職場・環境に合わせて適正な基準を決め、
使い方のルール(マニュアル)を作成出来ます。


ひと言の種類-(例)
※[  ]内は、上記した話し、伝える時の留意点の番号や必要性などを記入。


[  ]「はい」
[  ]「ようこそ」
[  ]「おはよう御座います」
[  ]「こんにちは」
[  ]「今晩は」

[  ]「お手数をお掛けします」
[  ]「失礼致します」
[  ]「いらっしゃいませ」
[  ]「お待ち(致)しておりました」
[  ]「かしこまりました」

[  ]「恐れ入ります」
[  ]「ありがとうございます」
[  ]「前を失礼します」
[  ]「後ろを通ります」
[  ]「もう少々、お待ちいただけませんか」

[  ]「こちらにございます(こちらです)」
[  ]「あちらでございます(あちらです)」
[  ]「どうぞ、あちら(こちら)へ」
[  ]「ただいま(参ります・お持ち致します・伺います)」
[  ]「お待ち頂けますか」

[  ]「(もう)少々お時間を頂戴致します」
[  ]「少々お待ち下さいませ」
[  ]「お待たせいたしました」
[  ]「すみません」
[  ]「お預かり致します」

[  ]「どうぞ」
[  ]「お持ちしました」
[  ]「お気をつけて」
[  ]「お大事に」
[  ]「お元気で」・・・など

 他に、苦情クレーム処理の際に使う、
 大切に話さなくてはならない『ひと言』もあります。

『ひと言』は、人の心を伝え、現す言葉です
短い『ひと言』に、心や想いをのせて表現し、伝達出来るように常に意識しましょう。

ひと言の思いやり2
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback