FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
日本中のみんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssを撃退しよう!

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


日本の心「礼」&「義」

節目に表れる本質と意識 「#礼」と「#義

日本人の心・礼義s

#日本人の心 とも言われる「#礼」と「#義」の表現伝達は
正月や盆暮れ、年度の初・末と言った節目の時期に、
その人の持っている本心(本質)が正直に表れ易いです。

普段の社会生活上に於いて、口先や外面で、
「御世話に成り感謝し決して忘れません。」
「何らかの機会にお食事でも、と思っています。」
「頂いた御恩決して忘れません。」
などとその場しのぎや調子の良いこと言っていても、
年や年度変わりの節目などに、挨拶や形を何も示してこない、
恩を忘れ、今の自分の損得や感情に左右されて活動している、
・・・・・など、と言った嫌な気持ちになる体験をされたことがありませんか?

「受けた恩は石に刻み、与えた情けは水に流せ」
と言われていても私ども一般人は、受けた恩をついつい忘れてしまい
与えた情けをそう簡単に意識の中から流せないように思います。

情けと恩

本当に心にそういった気持ちを抱いている人は普段何も言わなくても、
節目節目に「礼」や「義」を何らかの形としてキチンと相手に現し、伝えます。

その人達の心に息づいているのは、支え、生かされている方への
感謝」と人としての「義≒義理」です。
日本人としても、また一人の社会人としても大切なとです。

このような日本人の心である「道理」を欠かすことの無いようにしたいものです。
特に、人の管理や指導的立場の方は、 これを大切にして貰いたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback