FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


「和」おもてなしの実践―テキストの内容(5)

#もてなす側 の実務項目
(日本旅館・和食店・ホテル・リゾート・まちづくり向け)

「応対の心」でおもてなし

#もてなす側の心の「礎」

先ずもてなす相手(客人)を受容れる#応対意識で!
-個々の相手に応じた意識と活動-

「和」おもてなしの実践は【応対】を総ての礎とする
※「#応対」=「相手の立場を主に考え、相手に応じて受け答えすること」                
 「#対応」=相手(お客様・客人)に対し、その立場や状況を観察しつつ相手の表情や
心の僅かな変化を見逃さずいち早く察知し受け応えや活動をすること。      

そして“私達は、いつも大切なお客様に支えられている”
ことを意識し忙しいとかスタッフが少ないから、
などとこちらの事情で決して接しないで
お客様ファーストの心と言動で 「#応対」することです。

何事も客人ファースト(お客様ファースト)に考え、
自分達を「お客様の目線」で観察・察知・洞察すること。

※英訳 
・応対=reception(レセプション)
・応対するreceive callers と言い全てを受け入れる意。

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback