FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


ブレない心の軸を作ろう

ブレない心の軸の作り方

心技体小

1.「心・技・体」の意味するもの。
「心・技・体」を私たちのビジネスや日常生活に置き換えてみると次のようになります。
「心」…志、精神力、心の強さ、使命、構想、価値観
「技」…技術、スキル、マ-ケッティング、セ-ルス、コミュニケ-ション
「体」…身体能力、取り組みの姿勢、挨拶、返事、掃除
スポ-ツの世界では心技体が三位一体となって身につくことにより、一流になれるとされています。
スポ-ツに限らずビジネスの世界においても、
心技体がバランスよく磨きあげられることで良い結果に結びつきます。

2.「心」-ビジョンを描き達成するまでやり抜く心。
人生を生き抜く上では、一生涯順風満帆というわけにはいきません。
様々な壁が立ちはだかっています。
その度に挫折しては立ち上がることの繰り返しで、挫折したまま立ち上がれなければ
成長もストップしそこで人生が終わってしまうからです。
だから、挫折は克服することに意義があり、挫折する度に強くなり、
克服する度に人間としての幅が広がっていく、
と考えられるようになれば苦労や困難も前向きに受け入れて、
ますます磨きがかかっていくというものです。
精神力の強さは、土壇場に追い詰められたとき発揮されます。
昭和を代表する稀代の経営者、松下幸之助氏は「成功する方法は、
成功するまでやり続けること」という名言を残しました。
「心」とは精神力を磨くことで「諦めない気持ち」「現状に満足せず
常に高い目標を掲げ挑み続ける」こと、人生に於ける強い精神力とは、
壁が立ちはだかる度に超えるまでやり抜こうという、
自分に負けない意志、といえるのではないでしょうか。

一流のプロ野球やプロサッカ-の選手は日本の頂点に立ったとしても、
更に高いステ-ジで世界に挑戦します。
私たちも与えられた持ち分の中で、常に高い目標に挑戦する、
という気概を持ちながら生きることが「心」を磨く鍛錬だといえるのではないでしょうか。

3.「技」熱い情熱がよいキャリアを積んでいく。
ビジネスの世界では、スキルを身につけるほど能力が発揮されていきます。
スキルといえば、とかく資格や検定と思いがちですが、周囲を明るい雰囲気にする、
リーダーシップがあるなど人間的な能力も重要なスキルです。
仕事ができる人には共通点があり、それは、
「仕事に熱い情熱を傾けている。」ということです。
その情熱が熱いエネルギ-となって、周囲に活力を与え組織を活性化します。
与えられた職務に安住せず絶えず新しい価値観を創造します。
だからこそ結果として「できるビジネスマン」として評価され
キャリアを高めていくことができるのです。

一方キャリアを築けない人は、
「仕事に情熱が持てない。」という共通点があります。
必要以上の仕事は極力避けようとし夕方になると
早く仕事を終えてストレスを発散させようとします。
いつしか「やらされ仕事」という被害者意識が充満し不平不満がうっ積します。
これでは、スキルを磨くこともいいキャリアを積むこともできません。
「技」を磨くためには、「情熱」がなければ身につけることは
できないと云うことがお分かりでしょうか。
「情熱」が持てない理由は様々だと思います。
しかし、その根本は『仕事とは、単に生活の手段、として捉えるのではなく、
自分の「生き方」』として捉ええることに目覚めない限り、
周りに原因を求める結果にしかなりません。
その境地に達することを実感することによって、
そこから「技」に磨きがかかってくる、と云えるのではないでしょうか。

4.「体」日々の地道な努力と取り組む姿勢。
スポ-ツの世界では、体力に恵まれたアスリ-トが
必ずしも優れた結果を残しているとは言いきれません。
たとえ資質があったとしてても開花できないアスリ-トを私たちは数多く知っています。
そこには、様々な理由があると思われますが、表舞台でいい結果を残すアスリ-トは、
公の目に見えないところで練習や稽古に精進していることの中にその秘密が隠されています。
それは、「取り組み姿勢」にあるといえるでしょう。
練習量の多少も大切な要素ですが、それに加え「練習の質」が更に大切な要素となる
と考えられ、その両面がかみ合ってこそ、紙一重の勝負を決定づけていくのです。
その原点となるのが「取組み姿勢」です。
「取組み姿勢」は挨拶や返事など「礼」から生まれる、と言うと、
意外な感じと受け止める人がいるかもしれませんが、

一例を挙げれば相撲の世界で「礼に始まり礼に終わる。」という言葉があります。
これは日本独特の考え方ですが、基本は武士道の精神から受け継がれていると思われます。
相撲の新弟子時代や高校野球の新人時代は資質の有無で特別扱いされることはありません。
誰もが、稽古場やグラウンドの整備、清掃から始まり、大きな声で率先し
挨拶をすることが練習以前の練習として鍛えられます。いわゆる「修行」です。
厳しい練習に耐えていくためには修業時代を通じて「取組み姿勢」を培うことが基本だからです。

一般社会において「体」とは、仕事に耐えうる体力造りもその一つですが、
ビジネス社会では「学歴」「能力」など
入社時から持ち合わせていたものも「体」と考えられます。
優秀な学歴を持ち、能力が高くてもそれだけで仕事ができる
と評価されるビジネスマンになれるかどうかはわかりません。
その後は、本人の「取り組み姿勢」が大きな分岐点となるのです。
恵まれた学歴や能力に甘んじることなく、その会社、その職場での一流社員となるには、
やはりスポ-ツの世界に見られる新人時代からの修行の精神を参考にして
日々研鑚していく心掛けが必要だと思われます。その基本の上に立ってこそ、
能力が向上していくものだといえます。

5. 「心・技・体」全てのバランス取れて人格が形成される。
心技体基礎

大相撲の横綱に推挙される条件の中に「品格、力量共に抜群…」という言葉が
定義づけられていることは広く知られているところです。
人格とは、単に身体能力が高い、技術が優れている、というだけでは不十分です。
そこに人としての「品格」が備わって「人格者」といわれる領域に達します。
その共通点は、周囲から尊敬され、信奉され、共感され、存在感が備わっていることにあります。
大相撲の横綱が、「心・技・体」の具現者たる所以(ゆえん)がそこにあります。
とはいえ、横綱に限らず人格を備えている人といえども
最初から「心・技・体」が備わっていた訳ではありません。
決して口に出すことはありませんが、血のにじむような努力で
心身ともに鍛え抜いてその領域に到達したことは、その風格が物語っています。
私たちは、生まれながらにして、それぞれに資質や才能が与えられています。
大切なことは、「心・技・体」を磨くことに精進し、その人なりに人格の完成に向かうことに
人生の意義があるのではないでしょうか。
「心・技・体」とは、人格を磨き上げるための日々の修養だといえます。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback