FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


日本の行事≪お盆の心≫

「生かされている自覚」

君津光明寺ホームページ

お盆先祖に「生かされている」
と言うことに感謝し、内省する期間と言われています。

以下は、お盆に因み君津光明寺の石上智康住職の文言を転載します。
※引用先とリンクしてあります。

『生かされている』

太陽の光
大気

大地


草木が 生い茂り
鳥や蝶が 舞う

「降りだして 田植えいよいよ にぎやかに」(長山秋生)
天と 地と 水と
その つながりの中で
人も 生きている

受けつがれてきた いのち
父がいて 母がいて
生をうけ
育まれ
はかり知れない つながり
無量の縁に 支えられ
今 ここにいる

今日もまた たくさんの 
いのちをいただいて 食事がととのい
無事に食べられる
水も 喉を通っていく
その お陰で
今このように 生きている
いのち 在らしめられている

食べて飲むことは 生きる源
ありがたくいただく 毎日の食事
手を合わせ「いただきます」
深くご恩を喜び 
ありがたくいただく 
一日一日のいのち
「お陰さまで ありがとう」

生きていく
自分の器量に応じて 
精いっぱい生きていく
生きていく そのままが
生かされている 私


関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback