FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


日本人の心の故郷「お盆」

心と命の故郷に帰るお盆

日本のお盆

お盆は私達が個々人が「ひとりの人」として、

「独りでは生きて行けない」

「支え合い感謝し合う心」

「モノとその心に感謝」

「生活上の足りる知る」

「人知れず義と礼を尽くす」

「人としての義務を果たす」

「先人・先達へ恩返し」

「自然で何気ない気配り・心配り」

「愛他の控えめで遜る心」


となど言った、現在社会で薄れつつある、日本人の【心の在り方=心の礎
を再認識する時期とも言えるのではないでしょうか?



お盆は、過去の様々な戦い事で尊い命を失われた
数知れない人々の英霊や御霊によって守られ、
今生かされ生きていられることに感謝すると共に
様々な自然災害で大切な命を失われた方の御霊への
供養のためにも大切な日本独自の行事です。
国民のひとり一人が多くの御霊・英霊に対して
心からの供養、更に復興に向けて歩み始めるために
新たな決意を改めて再認識する「お盆」ではないかと思います。

私達は、2011年の大地震をはじめ様々な自然災害に
見舞われたことで、忘れかけていた日本と日本人の素晴らしさ、
日本人としての大切な様々な心や誇りを気付かせてくれたばかりか、
私達ひとり一人が物や情報が溢れた豊かな生活環境に慣れてしまい、
人として失いかけていた他者を「思いやる心」即ち「利他心」の大切さを再認識させてくれたとも思われます。

私達ひとり一人の日本人が、日本の「おもてなし」の心である
「他者を思いやる心」を世界中の多くの人々に伝えて行きましょう。
この利他の活動をすることは「情けは人の為ならず」であると思います。


お盆枠付

参考-お盆の知識[以下Wikipediaより引用]
正式名称は「盂蘭盆会」。(読み:うらぼんえ)

先祖や亡くなった人たちが苦しむことなく、成仏してくれるようにと、
子孫が、報恩や追善の供養をする期間を「お盆」と呼ぶ。
キュウリとナスビに割り箸を刺して馬と牛に見立てた
精霊馬(ショウリョウウマ)を飾る地域もある。

キュウリは馬の例え-お盆の時に、少しでも早く迎えられるようにとの願いを表現。
ナスは牛を表現-お盆が終わって、帰る時はのんびり。



関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback