FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルス感謝s
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssと戦いましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


お盆の理解

祖先・御霊に感謝!お盆

お盆枠付

今日から16日まで先祖に感謝するお盆です。
お盆は日本古来の習わしである子孫が
先祖の御霊をお迎えし供養し同時に
私達は第二次世界大戦で亡くなられた
多くの人々御霊によって守られ今生かされている
ことへの感謝とその御霊への供養のために行う、
日本人として大切な行事であると思います。

各地の夏祭りでは、自然災害で尊い命を失った方々の
御霊を供養しこれからの日本を元気づけ、
活気づける心
があるのではないでしょうか。
それは、日本人の他者を思いやる心、おもてなしの心と活動です。


(参考)お盆の知識・・・以下Wikipediaより引用

日本では、推古天皇の14(606)年に、
始めてお盆の行事が行われたと伝えられている。
各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わり、
宗派による違いなどによって様々だが、
一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられている。
お寺では施餓鬼供養をするが、家庭では
先祖の霊が帰ってくる日として様々な行事を行う。

お盆の行事は釈迦の弟子の一人
目連尊者(もくれんそんじゃ)が母を救う話に由来している。
目連尊者はある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に
落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知った。
そこで、どうしたら母親を救えるのか釈迦に相談したところ、
「夏の修行が終った7月15日に僧侶を招き、
多くの供物を捧げて供養すれば母を救うことが出来るであろう」
と言われたと伝えられている。
そこで、目連尊者が釈迦の教えのままにしたところ、
その功徳によって母親は極楽往生がとげられたという。
それ以来(旧暦)7月15日は父母や先祖に
報恩感謝を捧げ、供養をつむ重要な日となった。

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback