FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


生きるを楽しむ「知識と知恵」-謙虚さ

謙虚さを知ろう!

謙虚

「思いやり」と「敬意」、「利他」の心を備え持ち、
それが何たるかを気付く為の心身の姿勢が「謙虚さ」です。
その心は何事、何人の心や言動・態度であったとしても、
己自身が素直に(=徳の心)受容れられる心とその姿勢・態度を言います。

(以下仏教の学びメモから転載)
謙虚文字の“謙”という字は、下へ下へと遜る、“虚”という字は
一番下から目に見えないバーチャルなもの全てを「+」に受け入れるという意味です。

自分自身に備わってないこと知らないことを素直に受け入れ、
それを自らが省み、見直せる人が最高に謙虚な人です。
仏教的に捉えると謙虚は、マイナス無限大の立場で
様々な情けや施しを素直に受けることだそうです。

謙虚というのは、自分のものを何も持たないで、
全部がプラス要素に見え総て受け入れることですから
縛られることなく自由な心になることが出来るのです。

反対に、傲慢な心とは、与えられる物に何の価値も見出せず、
自分勝手な考えで拒絶し、自然や神、人の恩義、恩恵を
忘れて、何でも自分の力だと錯覚してしまう心です。

人は“自分の力で何かをしている”と思っている
とすれば、それは傲慢で卑しく醜い姿です。
人は夫々自分の心の器を持っていて、
その心の器に入るだけのものを受け取っているのです。
謙虚な心というのは、口の広い何でも入る無限大の器です。

傲慢(高慢・卑下)な心というのは、口が狭く、
ゴミやガラクタが目一杯詰まった小さな器です。
神仏の助けを素直に受けるということは、何でも自分の思い通りにしよう
とする高慢な我心を叩き潰して貰うことです。

(以上転載終わり)

謙虚さ診断

謙虚さ診断・語彙

(評価点)  0…出来ていない・ない 1…ある程度・少し 2…出来る・有る


1. 他人は自分より偉いのだ、自分にないものを持っていると自覚できる
2. 素直な心に成りたい、素直な気持ちで居たいと言う強い願望を持ち続けられる
3. 全てを受け入れられる寛容な心が持てる(寛容の精神で人と接しられた)
4. 自分は人に支えられていると言う意識を持てる
5. 常に寛大であり、柔和で物腰が低く、他人の人格を尊重できる

6. 自分の間違いには盲目だと自覚できる
7. 遜り、控え目の言動や態度で居られる
8. 見栄を張らず、慎ましい気持ちと態度ができる
9. 自らの感情や欲望を抑えられる
10. 場や会話の雰囲気に合わせ適切に自らを遜ることができる

11. 素直に相手の意見、注意、忠告などを受け入れられる
12. 奢らずに言動出来る
13. 控えめで偉ぶる態度や言動はしない
14. 姿勢と態度に高慢さがない
15. 目線を低くして会話できる

16. 肩肘張らない言動ができる
17. 己に自惚れることがない
18. 初心を忘れない
19. ひねくれず素直に会話・行動ができる
20. 何事も前向きに行動できる

21. 知っていることでも、一度受け入れられる
22. 何時でも我慢でなく、私心にとらわれず受け入れられる
23. 他人の利益や喜びも考えられる
24. 己の弱みを武器にすることはしない
25. 傾聴に心掛け会話出来る

26. 過ちや不足を素直に認められる
27. 他人の意思や想いを排除することはない
28. 己の知らないこと総てに、学ぼうとする心と態度で接しられる
29. 己を無にし(無我無心)、何らかの教えを得ようと努められる
30. 意見を言ってくれ、話を聴いてくれて「有難う」と言う感謝の気持ちが持てる

31. 会話上、出過ぎたり、過度の自己主張をしたりすることは無い
32. 相手の話を一度受け入れてから、自分の意見が言える
33. 利他・愛他の行いの第一歩は、「謙虚」であると認識できる
34. 己の成すべきことを正しく知り、勇気を持ってそれを行なえる
35. 正し物事、良いと思ったことを、素直に良いと認められる

36. 価値ある物は、その価値を正しく認めることができる
37. 勝利ばかりが勝つことではないと認識できる
38. 損得を考えて会話、行動することはない
39. 己の心を無にして、会話、傾聴できる
40. 地位や年齢に拘らず礼節を以って接することができる

41. 場所や席を譲り合ったり、会話上でお互いに発言を譲り合ったり、遜ったりすることができる
42. 触合う相手に遜り、温かな優しい眼差しで接しられる
43. 見返りを望まず求めずに情けの施しができる
44. 自らを犠牲にし、人の為、社会の為に懸命に働ける
45. 利他の意識で発言、行動できる

46. 他者に明るい笑顔、柔和で優しい微笑をたたえた笑顔で接しられる
47. 人に受けた恩は心に刻み、情けを水に流せる
48. 「ありがとう」「お陰様で」などの感謝の表す言葉と態度で人々と接しられる
49. 思い遣りの心を込めた態度と温かな言葉使いで他者に接しられる
50. 人や他の物の存在に、感謝の心で触れ合い接しられる

51. 奉仕の心で労をねぎらい、お世話ができる
52. 大きくなり過ぎるプライドを自制し、低く保つことができる
53. お互いが互いの存在を認め合える
54. 素直に、有りの侭の姿を見せられる
55. 己が全て正しいと思い込み、その狭い「ものさし」で他者を評価・批判、否定をしない

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback