FC2ブログ

当サイトには、実体験と晩年の学びで得た「おもてなし接客&生き方の知恵」が載ってます。

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


心のエンジンを動かす!

心のエンジン「勇気・やる気・元気」

心のエンジン2

あなたの心を動かすエンジン、「勇気」、「やる気」、「元気」!

この三つエンジンを動かすガソリンは<気持ち>、
操縦し上手にコントロールするハンドルは<思考や意識
スピードを操作するアクセルとブレーキは<行動や活動
であると言えると考えます。

私もそうでしたが多くの人達は、この三つのエンジンの何れかが強すぎるばかり、
失敗や挫折と言う過失や事故を起こしたり、苦しみを招いてしまったりしてします。
しかし、思考だけをコントロールしても、心のエンジンは動かないのです。

私見ですが、この感情を完璧にコントロールするのは難しいと思いますが、
感情が10%、思考が90%位だと考えてみると良いでしょう。
「感情は10%くらい」という意識を持っていれば大きな失敗は起きません。

どうしても自分の感情が激しく揺れ動いてしまうような時は、
自分と真摯に「向き合い」その感情を冷静に分析するとコントロールし易くなります。
この自分と「向き合う」と言うことは、よりよく自らの心を知り、認め、分析することです。
そして、自分の強み弱みを弁えた上で感情を上手にコントロールすることです。
それによって、次のような様々な意識、結果や成果が数多く得られます。

【心のエンジンを上手に動かすことで得られる効果】

1. 己の心や姿勢を指差せるようになる
2. 自分の弱みを知ることで自己啓発出来るようになる
3. 自分自身の強みを知ることで本来の姿が見えるようになる
4. 自分の脆さを自覚出来るようになる
5. 心の優先順位の識別が出来るようになる
6. 自己開示が出来るようになる
7. 直な心が芽生える
8. 自己顕示やアピールをする際に自分を振返れるようになる
9. 生かされ生きていられることを自覚認識出来るようになる
10. 今の心の所在が解り、本来の自分の姿が見えるようになる

11. 受容の心が芽生え、寛容の心が生まれるようになる
12. 信念や志が明確に持てるようになる
13. 人や物事に対し、素直に感謝が出来るようになる
14. 見返りを意識せず「有難い」「ありがとう」の感謝の発信が出来るようになる
15. 自分自身を許せるようになる(自分を楽しく喜ばせる)
16. 自分を、生かしきるように努められるようになる
17. 自分の意思で決断する癖が付けられるようになる
18. 有りの侭の自分が表現出来るようになる
19. 心の警報機が鳴った時、素直に原因を探せるようになる
20. 長所を伸ばし、短所は直せるようになる

21. 心のごみ業を取り払うよう努められるようになる
22. 生甲斐が自覚出来るようになる
23. 束の間の快楽(刹那)に溺れないようになる
24. 感情の理解、認識ができるようになる
25. 感情の識別、利用が出来るようになる
26. 感情の調整(自制・コントロール) が出来るようになる
27. 自分自身の心に正直に成れるようになる
28. 意思決定がし易くなり、意思表示がスムースに出来るようになる
29. 自らのゴール(理想の自分)を決められるようになる
30. 目標が明確に持てるようになる

31. 自分の好き嫌いを自覚出来るようになる
32. 自分の心を客観的に認められるようになる
33. 自分自身の煩悩の大小を知るようになる
34. 相手の気持ちを素直に受け入れられるようになる
35. 知足の認識が出来るようになる
36. 自分のしたことに見返りを望み、求める姿が見えるようになる
37. 他人と比較出来、自利、我欲が自覚出来るようになる
38. 他者と自分の能力の差が解るようになられる
39. 心のポジションが自覚出来、人の心が理解出来るようになる
40. 自分の魅力を自覚出来るようになる

41. 無私が自覚出来、利他の心が持てるようになる
42. 自分自身をポジティブに捉えられるようになる
43. 自らを自己啓発意識で見つめられるようになる
44. 自分自身に賞罰を与えられるようになる
45. 自らの誤りを人前で認められるようになる
46. 相手が話し易く、聞き入れ易い雰囲気作りに気配り出来るようになる
47. 自己診断出来るようになり自分の自然な姿を見出すことが出来るようになる
48. 人として何が正しいかの判断が出来るようになる
49. 「道徳」、「倫理」に目を向けられるようになる
50. 原理原則に目を向けられるようになる

あなたがこの項目に思い当たることがあれば、すぐに実行されることをお薦めします。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 自分自身で切り開く生き方 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback