FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


何が違うの?マナーとエチケット

「マナーとエチケット」どこが違うの?」

マナーとエチケット新枠付

とある研修の場で生徒さんから質問をされたことがあります
意外と知っているようで知らないこの二つの違いです。

〇マナーとエチケットの違い

子供の頃に行儀が良いと言われることが多々ありますが、
大人になると同じことも、躾やマナー、エチケットと言った表現をします。

この行儀は、礼儀作法に適った立ち居振る舞いのことを言います。
また、人として適正なモラルを保有し、弁えてなくては他者に配慮し、
気遣う所作と意識のマナーやエチケットを正しく表現することは出来ません。
即ち、モラルの保有は、社会人としてのマナーやエチケットの礎であると言えます。

モラルは、「道徳・道義的な・教訓」などを意味する英語で、
「現実生活に即した道徳・倫理・良識」を指して言う時に使われます。
それは「道徳」「倫理」「良識」のことを言い、
現実社会や実人生に対する態度や気持ちの在り様をいい、
人間相互の関係において法による拘束力を持たない、
善悪の判断を伴う感性のことを言います。
マナーとエチケット人称

さて、マナーとエチケットの原義は、
共に「礼儀作法」を指し同義語です。
前記しましたがエチケットはフランス語で、「社交上の型」、人付き合いを
円滑にするための常識的なルール・技術・所作で礼儀作法を意味し、
自己の心や意識を主に捉える一人称で使われる場合が比較的多く、
形式化された作法とか、身嗜みや仕草を指し示すと考えます。
そして、自分自身をコントロールする意があり、
「道徳心」やコンプライアンスに類似しています。

一方、マナーは英語で、態度・礼節・礼儀作法であると言えます。
「倫理心」や思いやり(愛他心)に類似しています。

具体的に言えば、暑い時期に触合う相手への配慮、
例えば自分の汗や臭いに気を付け、知人や仲間を見かけたら
こちらから進んで挨拶をしに行くのがエチケットであり、
他者と会う場合に自分の汗や臭いに気を付けて対話したり、
相手が何らかの事情で取り込んでいて、
挨拶をするどころではない様子を察しその場では黙礼し、
後でキチンと心の篭った挨拶をするのがマナーです。

マナーは、「社交上の心」、相手に対して自分が取るべき態度・処置です。
このマナーの原義は、相手への敬意、人に対する思い遣りや
相手を気遣う気持ち(配慮)を言い、その心(気持ち)を動作や態度で表したもので
他者中心の二、三人称で使われ人称は限定されません。

形式化された作法とか仕草と共に、礼、態度と言った
敬意や配慮の「心」の部分を多く含むと考えます。
それは、正常な人間なら誰もが備え持つ心の根底にあることであると思います。

エチケット(心を整え)を弁え、先ず相手に敬意をはらい、相手を思いやり(配慮)し
、その心と形(パフォーマンス)がマナーの源であり終わりのない活動です。

端的に言えば、エチケットは自心の中(一人称)にあるモラル・コンプライアンス
マナーは、周りや他人への配慮=思いやりの心身の活動(パフォーマンス)と言えます。


※字義としては、
行儀、作法、礼儀、態度、様子、仕方、やり方 、方法、態度、様子、挙動、
風習、習慣、流儀、様式、作風、種類、手法、習癖などが挙げられます。


◆知っておきたい表現法

マナー・エチケット礼儀・・草枠

●礼儀作法とマナー

【礼儀作法】は、道徳の心を「形」として表わすことと言われています。
【マナー】は、“目の前の人、周りの人のことだけを考える”振舞いと思いやりです。
また、「エチケット」は、人付き合い(コミュニケーション)を円滑にするための
一般社会人の常識的なルール・技術・所作で礼儀作法を意味し、
自己の心や意識を主に捉える一人称で使われる場合が比較的多く、
形式化された作法とか、身嗜みや仕草を指し示すと考えます。


※礼儀作法の解説-出典 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説(以下転載)

人がその社会生活を円滑に営み、
社会秩序を保つために用いる規範と実践の総体。
礼とは温かい真心の具体的な表出であり、
礼儀とは他との関係において
それを判断・評価・行為の基準とする原則である。
礼儀に基づいて社会的に様式化された
言語的・非言語的表現が作法である。

これらをあわせた礼儀作法の語は、
主として社会の秩序や人間関係を構築し
維持する価値基準および行動様式の意味で用いられる。

礼儀は、一般に人間に対してのみ
行われるものと思われているが、
本来は自己と関わる総ての事物が対象である。

人が外界の事物と係わる時、それらに向かう敬意や愛情が、
時、場所、場合に応じて言語的・非言語的に最適化して
表出されたものが【作法】であり、神仏をはじめ
道具や水、空気といった無機物など、あらゆるものが対象となりうる。
(以上転載終わり)

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback