FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


自心との「戦いと挑戦」

挑戦は【人・事象・目的】、戦いは【感情・欲・期待心】

挑戦と戦い


最近,少しずつ他人と触れ合う機会が増えました。
実際、ある著名な会社との依頼事項のやり取りの中で
依頼事項についてクライアントに対する敬意や気遣いが
感じられるメールを数回に渡り頂戴出来ました。
社会から信頼される会社には心ある人が居ます。

一方、この事例と逆に次世代を担う方の中には
「人の心の温もり」を感じられない若手の方にも出会いました。

例えば、実際に会話した上での自己判断なしに
周りの人々の声に左右される人も多くなりました。
今迄は、先人、先達にまず「敬意」をはらい
話に耳を傾ける年下の人が多くおりました。
最近は、SNSの進化で直接会い触合うことをせず
文章だけで相手を判断する人が少なくありません。
現代社会の「心の格差」を痛感出来た貴重な体験でした。

つくづく社会は大きく変化したなぁと感じたと共に
大政奉還の時「時代は変わっても徳川の名は残る」
と言われた篤姫の言葉を思い出しました。
昨日、天皇陛下の「祝賀御列の儀」での見られた日本人らしさ、
人を敬い寄り添う心が社会全体に広まることを願います。

さて、上に立つ人、指導者や経営者の中には、
人によって以下の二つの差異が大きいなぁ
と感じられることが多くありました。

社会のために役立てばとの思いで依頼した事

〇相手に気遣い、人の義として受止め返事する人
〇メールを送信したらすぐに電話をくれる人


●メールやS.N.SでK.S=既読スルーする人
●自己都合だけで思考し返事をする人


この二つ事例に現れているのはどんなことでしょうか❓
そして、その違いは何でしょうか❓


数年前までは、自分自身のプライドや驕りもあったこともあり、
また、相性を考えこのような人には背を向け相手にしませんでした。
でも今は、,改めて上図にあるような挑戦と戦いを自覚出来ました。

上記した〇●の行為や意識は、
善きにつけ悪しにつけ下記のことに繋がると思われます。

💕情けは人の為ならず

😵因果応報

🍀自利利他



関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback