FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


心の活動【共感・洞察⇔信頼】

コミュニケーションの礎-『共感・洞察・信頼』

洞察・察知・観察・枠小

今迄生かされ生きて来られた数知れない出会いの実体験から知り得た学んだことです。
面識のない見知らぬ人と出会い何らかの会話を交わし合った時、
こちらへアイコンタクトを避け、初めから愛想が良く、作り笑顔を絶やさない人、
話しを何でも「確かに、そうだ」などと肯定や安易に受入れ共感する人に会したら、
その人は気をつけた方がいい場合が多いように思われます。
調子のいい話や安易に妥協する人の話は、半分聞き流す気持ちで相対した方が無難です。
初めから馴れ馴れしい態度で優しく接してくる人とは、必ず間を置いた方が身の為です。
また、何の返事をせず、笑いで曖昧にしたり、己の意志を明確にせずごまかす人も同様です。
それと同時に、会話している中で、とっさに出る無意識の言葉ゆ態度(姿勢・目線・表情)に、
発した人の本音(心)が出易いものである、と心得て置くことも洞察するために必要です。
大切なのは心と身体の姿勢がこちらに正対している否かを会話の中で掴み取ることです。
また、自分のことを話す時「私が・自分が・俺が」と、が(我)を多く使う方も要注意です。
このような言葉を使う方は、受容することよりも自己顕示が強い人に多く見られます。
そして、人の噂話や陰口には、その人の本音が表れ易いと認識しておくことも必要です。

このような人は、自分の発した言葉の大切さ(=重さ)を弁えず、
自ら発した言葉がいつの日か己に返ってくる、と言うことを知らないのです。

顔つきや表情は、「人物(人柄)が顔に出る」が如く、
その人の人生経験とその時の心が表れ易いものです。
このような人達に共通するのは、保身・利己自利を優先し、
自ら心を開き相手を受容れる活動「自己開示」を苦手にしている人とです。

嫌いな人枠

一方、初めは無愛想でも厳しく接してくる人を、感情的になり
悪く思わないように心掛けることも忘れてはならないことです。
この意識言い表す「嫌いな人は運命の人」と言う諺もあります。
以外と、その人から多くのことが学べる場合や生涯の友になることがあります。

上記したこのようなことは、一対一での対話の場で成り立つことが多く、
知人や第三者が介入している場合は、当て嵌らないことが多いと思われます。
出会った人の心やその位置を察知する最初のステップは
人として先ず、認知する【承認活動】であり、次に受容し、そして敬意を示し、
続いてのする共感は、一般用語で言えば「思いやり」を意味するもので、
人助けをする時に、助けようとする行動をとるキッカケとなる感情を言います。

これを備えるためには、他人の感情を正しく推し量ることが必要です。
但し、共感の度合いは、ただ高ければ良いというものではなく、
親しい家族や親友など身近な人に対する思いやりの気持ちが強く現れ。
それ以外無関係な人に対しては冷たくしがちになるものです。
この思いやりの気持ちを出来る限り平らに分け与えることが求められます。

例えば、共感が友情と信頼を生み出す第一歩です。
「共感」は、周りの人の意見、感情、立場、気持ちに対して
「その通りだ!」と素早く感じ取る感性のスキルの一つです。

共感する時、心得て置きたいのは、表面的な「知る」でなく
内面から理解する「」であると言うことを理解しておきましょう。

また、共感は、共有と異なり、理解はしても、感情的になり巻き込まれないこと
その心の活動が自らの察知・洞察スキルになり得ると心得て置きましょう。
信頼関係は、互いが受入れ、共感し合う心の活動があってこそ成り立ちます。

このように、「共感・信頼・洞察」は、夫々が互いに繋がり合っているのです。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback