FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


今年一年の感謝を伝えよう!

感謝の意識と活動【診断】

今年も残すところ一ヶ月余りになりました。
年末は一年間のあなたが受けた感謝を恩謝として伝える大切な時期です、
自分自身と真摯に向き合い、感謝の意識と活動を自己診断してみましょう。


「感謝」は、相手に伝えるだけものと考えがちですが、
その気持ちだけでは、心の篭った感謝(恩謝)は伝えることが出来ません。
先ず、自らの心に本気で向かい「嬉しい・有り難い・お陰様で」と敬意を以って深く念じ、
表現伝達してこひ相手の心に通じ、心に響く感謝の心を表せるのです。


感謝新照1-

診断項目

[評価基準]
 ※各項目に合わせて、A.~D.を当て嵌めます。(A.~D.1つ~全部)

A.理解認識度[良=2・並=1・不足=0]

B.保有の有無[有=2・判らない(?)=0・無=-1.]

C.活動 (a~c対象)[良く出来た=3・出来た=2・やや出来た=1・出来ない=0.]

 a.一人称(自分と向合う行動)
 b.二人称(大切な人・特別な人・身内)
 c.三人称(周りの人々)

D.感情
[左右されない=2・やや左右される=1・左右される=0.]


(項目)

1. その本質は、人としての【心】にあると理解できる
2. 形のない態度や行動でも表現出来る

3. 感謝について(ア)~(ケ)の語彙を理解認識している
(ア) 有難いと言う感謝したい気持ち、
(イ) 身に沁みて嬉しい(有難い)
(ウ) 感覚として謝意に耐えない
(エ) かたじけない(≒済まない・澄まない)
(オ) 自分に好都合な状態である
(カ) 嬉しい尊い珍しい
(キ) 自然に伏し拝みたくなるような様である
(ク) ありそうにない(殆ど例がない・滅多にない)
(ケ) 滅多にない程優れている

4. 感謝と素直に受入れることは、一対である
5. 表す「形」は、礼儀・礼節と信頼である

6. 相手を思い遣る「礼」は、感謝を感じる人間に感謝の気持ちを生む
7. 『御礼』という言葉は、感謝の礼儀を示す
8. 感謝を言葉や態度、物などを以って積極的に表わし伝えている
9. 感謝の活動を勤労やボランティアと言う形にして現している
10. 感謝の言葉が多いほど、人の徳や信頼が高まる

11. 表現をすれば如何なる状況にでも光が射して来る
12. 感謝のある処には温かな心が存在し、温かな心が周りの良いものを引き寄せる
13. 感謝の言葉は、優しさや思い遣りなど人の善を導く
14. 感謝の言葉は、相手ばかりか、自らの気持ちを良くさせる効果がある
15. 感謝して、怒りや憎まれる事はない

16. 上手く行かない、思い通りにならない、悪いことが続いた時は、感謝を忘れている
17. 感謝は、人の為ならず
18. 感謝のひと言は自分を含め周りの状況を円滑にし、人間関係を構築する
19. 感謝は人と人、心と心の潤滑油
20. 感謝は人と人の間にある溝を埋める働きをしてくれる

21. 感謝の言葉は、人の善、優しさ、思いやりを導く源である
22. 言葉が多い程、自らの徳が高まり、得られることが数限りなくある。
23. T.P.O.に合わせて感謝の行動伝達ができる
24. 心豊かで幸せな人ほど、感謝のひと言「ありがとう」を表現することを怠らない
25. 感謝の言葉を使えば使うほど心を豊かにし、減ることもなくお金もかからない

26. 感謝は、思い遣りと温かな心があり周りの良い物事、素敵な人を引き寄せる
27. 感謝の言葉は相手ばかりか、自分の気持ちを心地良くさせる
28. 感謝を表す素敵な言葉は伝わり方が気持ち(心)次第で変る
29. 感謝の気持ち(心)は表情、声(声の表情)に出る
30. その気持ちを伝える対面手段は、強い順から、表情.>声>言葉である

31. 感謝の心と行動のキャッチボールを日々わすれない
32. 伝達する上での夫々の役目、役割の自覚がある
33. 何事にも感謝の気持ち、意識を持ちあたれる
34. 伝達上での観察と察知ができ適切な状況判断の下での感謝の言動とその実行ができる
35. 相手に適合した感謝の表現と伝達法を弁えている

36. 伝える為の立場転換意識と言動を弁えている(感情や心を察する)
37. 表現伝達する為のしつらえ(≒モノとコトの準備)の心を備えている
38. 表現伝達する為に必要とされる情報(≒相手を知る)を保有している
39. 感謝の必要性の自覚認識と目的の自覚がある
40. 感謝は、人としての善徳を導く源である


※診断結果をレーダーグラフなどにても解りやすいです。
 また、足りないものはこれからの課題としてみるのも方法です。

参考)
感謝は人を動かす
感謝
感謝もてなし
感謝・批判
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback